FC2ブログ

2021年の国際分散積立投資の計画

2020年も終わったところで、国際分散積立投資のアセットアロケーションの見直しをしたいと思います。

実はこのアセットアロケーションの見直しは2年振りになります。
昨年の年始は体調を大きく崩しており、その後も仕事の忙しさにかまけて結局見直しもしなければリバランスもしませんでした。今年は仕事は昨年以上に忙しいものの、体調はすこぶる良好なのでしっかりと見直していこうと思います。

では先ず、私が理想としているアセットアロケーションを確認しましょう。
myINDEXというサイトを利用しており、過去20年のアセットアロケーションごとの成績を見ることができます。

__AA.png

このアセットアロケーションで過去20年間積み立てたならば平均7.9%のリターン、リスクが15%という結果となります。

次に2018年末のアセットアロケーションです。

2018_AA.png

理想とはあまりにも掛け離れている状態ですね。
ここで一気にリバランスすれば良いのかもしれませんが、私は積立投資においてはどうも売却するのが苦手です。個別株投資では握力が弱く、直ぐに売ってしまうのとは大違いですね(笑)。なので所謂ノーセルリバランスという積立割合を調整することで地道に理想のアセットアロケーションに近づくことを選択しました。

その結果の現在のアセットアロケーションがこちらです。

2020_AA.png

2018年よりは理想に近づいている気がしますね(笑)
先進国株は50%に到達しましたし新興国株も約10%です。あとは日本株の割合を減らして金に振り分ける感じですかね。積み上がっていく資産が大きくなれば、既に積立していない債券たちは僅かなものになっていくでしょう。

と言うことで今年の積立割合は以下です。

eMAXIS Slim 先進国株 10,000円(嫁つみたてNISA)
eMAXIS Slim S&P500 15,000円(嫁つみたてNISA)
eMAXIS Slim 新興国株  8,000円(嫁つみたてNISA)
たわら先進国株     23,000円(自分iDeCo)
日興ゴールドヘッジあり 23,000円(嫁iDeCo)
合計          79,000円

これで理想のアセットアロケーションに近づこうと思います!

スポンサーサイト



にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : インデックス投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿