FC2ブログ

出前館、きちりHDを優待PFに追加!!

まだまだ体調が整わず定期的な更新ができずに申し訳ありません。


そんな体調が今ひとつな中ですが、優待PFに新規銘柄を追加しました。
私が優待目的で買うには幾つか条件があります。以前も記事にしたことはありますが、ちょっと昔になるので、またおさらいしていこうと思います。

①自分で消費できる優待であること

折角優待を貰っても使わないようでは意味がありません。ちゃんと自分の生活に必要であることが第一の条件です。因みにクオカードといった金券の類は興味がありません。確かに税金引かれない分で配当より良いのかもしれませんが、企業の商品PRといった側面もないので改悪されやすいとも思っています。

②優待と配当を足した総合利回りが3.5%以上が望ましい

これは絶対的な基準ではありませんが、可能であれば3.5%は欲しいですよね。でも欲望に負けて利回りが低くとも買ってしまうことはあります。この辺は欲望との戦いですね。負けずに頑張りたいです。

③財務はちょっと気にするけど業績はあまり気にしていない

優待内容が企業の商品PR等も兼ねているのであれば、業績が多少悪くても改悪はしないと思います。寧ろ業績が悪くても長期保有の糧となるのが優待だとも思っています。財務は良好に越したことはありませんが、それでも自己資本比率や流動比率に一定の基準は設けていません。

以上が何となくですが購入の際に考えていることです。


そして今回購入した銘柄が以下です。


出前館(JQS)

皆さまご存知の会社ではないでしょうか。少し前までは夢の街創造委員会という会社でした。
業務内容は出前仲介サイト『出前館』の運営や配達代行業務等です。
優待内容は年2回、出前館で使用できるTポイント3000円分(×2回)です。2月22日の株価では優待利回り6.2%、配当は未定となっています。Uber Eats等の競合も出てきて業績的には今が踏ん張りどころの企業です。
私としてはこの優待があるだけで一回分の夕食の準備をしなくていいことが大きいです。これから第2子が生まれる中で、夕飯の準備というのは嫁にとっても私にとっても限りなく大変な家事です。ストレスがマックスでもう夕飯の準備なんて嫌だ!!!というときに活躍してくれると思っています。今は嫁名義での保有ですが、自分名義でも購入を検討中です。


きちりホールディングス(東1)

居酒屋『KICHIRI』や『いしがまやハンバーグ』を運営している会社です。外食はどこも厳しいですが、きちりはそんな中でも業績は順調で財務も良好です。
優待内容は年1回、運営する店舗で使用できる優待券3000円分です。2月22日の株価では優待利回り3.8%、配当利回り0.95%で総合利回り4.75%です。
我が家から車でそう遠くないショッピングモールにいしがまやハンバーグが入っています。ここのハンバーグは何と言っても美味しいのが魅力です。安い店ではありませんが、味を考えれば妥当な価格設定だと思います。熱々のハンバーグが出るこの店は子供連れ向きではないですが、たまには行きたいお店です。


西松屋チェーン(東1)

これは新規ではなく、買い増しした銘柄です。
ご存知、子供用品の最大手にして優待PFの困ったちゃんでもあります。成長期待はありませんが財務は鉄壁と言っていいでしょう。
優待内容は年2回、自社店舗で使用できる優待券1000円分(×2回)です。2月22日の株価では、優待利回り2.1%、配当利回り2.3%で総合利回り4.4%となっております。
先ほども記載しましたが、西松屋は優待PF作製した初期から保有している銘柄であり、ずーーっと含み損となっている銘柄でもあります。しかし株価の下落とともに利回りは良くなってきており、財務は良好で優待改悪は考えにくいです。第2子が生まれることにより西松屋にはまだまだお世話になります。子供が大きくなるまでの長期保有前提であれば買えるだろうという判断で自分銘柄で100株購入しました。


体調が悪いという割には長い文章をかけましたね。
回復してきいるのかな...

スポンサーサイト



にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿