FC2ブログ

プレミアグループが6日続落...

私の保有株中の最古参にして主力株の『プレミアグループ』の株価が6営業日続落しています。

その前に機関投資家の買いも入り上場来高値を更新したばっかでした。長くよこよこだった値動きを打破し、これから新高値更新で上昇かと思ったら、そこからの続落です。

いくら何でも6日続落しなくてもいいのに...

と言うのが正直な気持ちですよね(笑)
主力として保有してなかなかの泣かず飛ばずで困ったちゃんです。でも業績は順調そのものですので、我慢して保有継続しようと思います。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

今年も回答! 日経マネー個人投資家調査2021

私が本格的に個別株投資を頑張ってみようと思ったのは、日経マネーを読み、世の中にはこんなに個人投資家で利益を上げている人が居るんだと知ったからです。

そして毎年行われている『個人投資家調査』の結果は日経マネー上で特集が組まれるので、2013年の回から毎年興味深く見せて頂いています。
実際に自分が回答し始めたのは2018年からです。2017年に回答しようとしたら成績の付け方が分からず、入金して元本が増えたらどうしたら...? なんてことになりました(笑)。そして初めてディーツ法、修正ディーツ法なるものを知り記録を残し始めたわけですね。

そんなわけで日経マネーさんには勝手に縁を感じており、現在に至るまで定期購読させて頂いています。
そんな日経マネー主催の『個人投資家調査』ですが、国内でこれほどまでに大規模に行っている投資に関わる調査というのは少ない、或いは存在しないのではないでしょうか。質問も多岐にわたり、軽い気持ちで回答しようとすると項目の多さにギブアップしてしまいそうです。しかし、そのおかげで毎年興味深い結果を見ることが出来るわけで、その調査に参加できていることを嬉しく思います。

皆様も興味があれば如何でしょうか?

日経マネー 個人投資家調査2021

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

iDeCoに加入している僕、会社で企業型DCが導入されるかも...

先日、会社で社長まじえた会議があり、その場で企業型DCの導入案が発表されました。

私の勤めている会社は従業員100人弱ですが、退職金制度や企業年金制度はありません。なので企業型DCの導入は基本的には素晴らしいことですし、従業員にとってもメリットが大きい決断です。

但し、iDeCoを既に加入している人にとっては注意点があります。
それは企業がマッチング拠出制度をOKにしてしまうとiDeCoが継続できなくなることです。。。

マッチング拠出は企業が拠出する額と同額を個人が拠出できる制度です。

例えば、企業が月1万円を拠出してくれるなら個人も月1万円を拠出し、合計2万円を月に積立られるという制度です。ただし拠出合計額には限度額(企業年金ない場合は月55,000円)があります。

僕のiDeCoの拠出限度額は月23,000円です。
つまり会社の拠出額が1万円とかだとMaX2万円までしか拠出できないので、これまでより積立額が減少してしまいます。実質の個人負担は23,000円から1万円になるので減りますが、積立額が減るのはデメリットです。
それどころか、会社の拠出額が5,000円とかだとMax1万円となり良いところなしです。

うちの会社なら5,000円すら出ない可能性が高いですから、マッチング拠出を導入されると自分にとってはデメリットしかありません。
ということで、企業型DC導入に賛成しつつもマッチング拠出は導入しないよう頑張って働きかけている次第です(笑)

しかし、この問題は法改正により2022年には解決するようです。
どんどん使いやすい制度へと変わってきてくれているのは嬉しいですね。皆さんも積極的に活用しましょう!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

竹本容器から2回目の優待品が到着!

今年も竹本容器からオリジナリティ溢れる優待品が来ました。

竹本容器はプラスチック容器を中心に作っており、時代の流れとしてプラスチックに逆風が吹いていることから厳しい環境下にあります。
それでも、成分分解プラスチックやガラス、紙等を利用した容器作りを模索し時代の変化に対応しようという意欲を感じる良い企業だと思っています。

頂いた優待品がこちら。

竹本優待2021

御優待品!!!

竹本優待2021②


竹本容器オリジナルのバイオマスプラスチックを使用した容器にふりかけとごま塩、あと抹茶飴が入っていました。
私個人はお菓子よりもふりかけとかごま塩の方が好きなので有難いですね。そしてメインの優待は容器です。バイオマスプラスチックだから見た目や手触りが何か違うかというと違わないんでしょうけど、贔屓目のせいか良いものに見えてきますね(笑)

因みに昨年の優待品がこちら!

竹本容器


毎年違うようなので楽しみですね。
どうかこういった優待は特に継続してほしいものです。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ に切り替えました!

菅総理と武田総務相の音頭の元、携帯料金の値下げが凄いスピードで進みました。

楽天は総務相から圧力を掛けられる前から格安プランの提供を進めていたので、他社の値下げは迷惑と思っているかもしれません。私個人としては以前も書きましたが、政府が民間企業に直接圧力をかけるような形での値下げには反対です。既に格安SIMも販売しており、住み分けもできており選択の自由もありで十分な状態と思っていました。

唯一の良いことは優待目的のKDDI株が安く購入できたということでしょうか(笑)

さてそんな値下げ競争にあって私が選んだのは、もともと加入していたのが(docomo回線を借りた)楽天モバイルというのもあり、楽天独自回線の『Rakuten UN-LIMIT Ⅵ』です。

楽天アンリミッド

楽天アンリミッド2


『Rakuten UN-LIMIT Ⅵ』が他社と明確に違うのは、使用した分だけ料金がかかるという点です。
つまりデータ使用量をあまり使用しなければ安いですし、最大限使用すれば他社より高くなります。なので一律である他社の料金体系より、データ使用量が少ない人にとっては良いですね。
私はもともとデータ使用量はかなり少ない方です。家と職場ではWi-fiですし通勤は車なので移動中には携帯は見られません。せいぜい休みの日に電車に乗って出かける時ぐらいですが、コロナ禍にあってその頻度も激減しています。

あとは勿論、楽天経済圏で生きているというのが最大の要因ではあります。
楽天カード、楽天証券、楽天銀行、楽天モバイル、楽天Payと数多く利用させて頂き、楽天ポイントも順調に貯まりつつあります。楽天でんきは使っていませんが...

というわけでRakuten UN-LIMIT Ⅵ に切り替えました!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

アダストリア決算 STAFF BOARDって面白いですね

去る4月5日にアダストリアの21年2月期の決算発表がありました。

コロナで苦しい一年だったと思いますが、弛まぬ企業努力を続けいている様子が伺えて今後も応援したいと思える感じでした。
早速決算を見ていきましょう。

アダストリア21年

アダストリア22年予想


通期決算は17.3%の減収で94%の営業減益です。
全く営業できなかった期間がある中で、営業赤字にならなかっただけでもマシだと思います。同時に発表された今期の予想ですが、勿論改善傾向にはあるものの20年2月期には及ばず、各種利益は半分ほどです。
しかし、売上はかなり回復を見込んでいます。決算説明資料を見ると、今期は店舗開発やシステム等に130億円の投資を実行するそうなので、利益率の悪さはこれが一因のようですね。先を見据えて攻める姿勢が良いですね。


アダストリア21年推移


苦しい中ですが、光明もあります。
小売業は特にどこもそうだと思いますが、EC化が進んでいます。むしろこれを機にEC化が推進できない企業は生き残りが難しいと思います。あの三越伊勢丹HDでさえEC化頑張ってますからね...
アダストリアの21年2月期の国内EC売上高の国内売上高に対する比率は30.6%となっており、これは20年の20.5%から飛躍的に増加しています。勿論ECが伸びたのもありますしEC以外が減ったという二重の要因がありますが、時代の変化には適応できているのではないでしょうか。


STAFF BOARD


そして表題にもなっている面白い取り組みだと思うのが「STAFF BOARD」です。
これはアダストリアのECサイト「.st」の機能の一つで、ショップスタッフが自ら店舗で売っている服でスタイリングを発信し、気に入ったものは即購入できるという機能です。
上記のようにEC売上の約半分がこのSTAFF BOARD経由となっており、これへの貢献をスタッフの評価制度に加えたら非常に面白いと思います。客が少ないからといって突っ立っていてもしょうがないですし、こういったチャンスの場を設けられればスタッフのモチベーションも上がるかもしれません。
客視点でも、実際にショップでスタッフ相手に着こなしまで相談できるコミュ力を持つ人は多くなく、そういった人の参考にもなるのではないでしょうか。


コロナを機に更なる飛躍を遂げるよう期待しています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

ポーラから選択した優待が届きました

12月権利のポーラ・オルビスHDから3月頭に優待案内が到着しました。

そこから優待品を選択して約1ヶ月が経った昨日、優待品が到着しました。
品は昨年と同様、ポーラが若い人向けに育成しているブランド『THREE』のハンドケアセット(ハンドクリーム、ハンドウォッシュ)です。

ポーラ優待

クリームもウォッシュも特徴的なのが香りが凄く良いことです。
香りというのは個人によって好みが割れるため、万人にうけるかどうかは分かりませんが、あまりきつくなく柔らかい香りなので気にいる方は多いのではないかと思います。


皆様も機会があれば試して頂ければと思います!!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

国際分散積立投資の3月成績(2021)

国際分散積立投資にとっては3月も堅調な月でした。

全体相場が堅調な中なのに自分の個別株投資が上手くいってない現在、良好な相場の恩恵を受けられるインデックス投資は心を癒してくれます。
投資に時間を割けない人、相場の上下に一喜一憂して心落ち着かない人、それでも投資するという道を歩みたい人にとってインデックス投資はやはり最適解の一つだと思います。それを土台として更なる飛躍を個別株投資で頑張ろうと改めて考えた一ヶ月でしたね。

成績です。

投信3月成績①
投信3月成績②

iDeCo成績です。

iDeCo3月成績


元本:¥4,615,602
損益:¥1,690,609
損益率:36.6%


2月末に605万円だった運用資金が、3月末は630万円となっています。
このままで行くと、大きく相場が崩れなければ運用資金700万越えの報告も今年中にできるでしょう。下落してその報告をできなければ、それも又よし。良い仕込みどきが来たという証拠です。
どちらに転んでも心穏やかでいられるのが国際分散積立投資ですね。

粛々と積立ましょう。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : インデックス投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

3月の株成績(2021)

3月も2月に引き続き厳しい一ヶ月となりました...

先日の記事でも触れたように景気敏感株、バリュー株優位の展開を意識して『三菱UFJフィナンシャルホールディングス』を新規購入しました。ちょっとずつ購入していき、現在は約50万円分を保有しています。
これが奏功しているかというと、そうとは言えず、今のところ可もなく不可もなく今後の展開次第かなというところです。でも、今までと違い、慣れた成長株以外にも一歩踏み出したということが非常に重要だと思っています。

しかし、相場は堅調です。
日銀のETF買い入れが日経平均からTOPIXに変更したことにより、もっと下落するかと思いましたが、案外そうでもなく配当権利落の影響もあまりありません。
この堅調さの恩恵を私のPFにも欲しいものですが、3月も成績はパッとしないどころか、またしてもTOPIXに大きく水を空けられています。我慢の展開ですね...

成績です。

3月株成績

3月末PFです。

3月末PF

vsTOPIXです。

3月vsTOPIX


3月:0.6%
年初:-2.3%
累計:156.77%


2月に下落したスタメンとメンバーズは揃って上昇したものの、上昇幅は微々たるものであり下落分を全く取り返せていません。
『交換できるくん』が上昇基調となった今、昨年12月IPO銘柄で上場以来下落の一途をたどっているのはスタメンくらいのものです。ここまで良いところ一切なしです。しかし、自分で選択した道ですので愚痴を言ってもしょうがないです。
今月こそは反発することを祈りながら見守っていきます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

3月の優待PF成績(2021)

早いもので新年度入りですね。株式投資も心機一転頑張りたいものです。

しかし、最近は仕事がかなり忙しくブログを落ち着いて書く暇がありません。更新頻度も減少しており良くない流れですね。
さて3月の優待株たちは権利取りに向けて上昇を描き、比較的順調に推移しました。権利落ちが怖いところでしたが、30日は意外に下げないな、、、なんて油断していたら31日、1日と結構な下落となっています。飲食株は緊急事態宣言が明けて上昇かと思ったら、今度は【マンボウ】に水を差された感じですね。
それでも3月で見れば16銘柄中13銘柄が前月比で上昇(新規2銘柄除く)しており、含み益も40万円代から60万円代まで来ています。どれも利確基準には満たないので、4月は一旦評価額を減らしそうですね。

3月の成績です。

3月優待PF成績
因みに優待PFの運用開始は2018年7月です。


含み損益:¥618,800
累積配当:¥66,239
累積優待:¥187,036
累積確定損益:¥334,450


3月は既に記事にもしていますが『パピレス』と『アトム』の2銘柄を新規購入しています。
パピレスは良いところで購入できて、毎年大きい権利落ち日の下落ですが、含み益状態を維持できております。一方のアトムは売出後の下落を狙いましたが、僅かながら含み損です。しかし、金額は小さいですし、何といっても今後『大戸屋』でアトム優待が使用できるのではないかという期待感があります。何ならもう一名義での購入も検討中です。

今月は竹本容器から素敵な容器入り優待が届く予定です。首を長くして待ってようと思います(笑)

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー