FC2ブログ

2月優待PF成績(2021)

先日の『目指せ1億PF』成績の記事では、あまりの無残さに取り乱してしまいました(笑)

しかし『優待PF』は相場上昇の恩恵もある程度は受けられ、含み益も拡大してくれました。まあ優待・配当もらいながら長期保有が目的ですので、短期的な含み損益の変動は気にしてはいないのですが、含み益増えた方が気分は良いですよね。
2月のみの増減で見ると16銘柄中、10銘柄が上昇、5銘柄が下落、新規1銘柄でした。個別で見ると飲食株が決算を受けて下落しており、好決算だった千趣会、テンポイノベーションや大型株相場の恩恵を受けたKDDI、オリックスが上昇しました。

『目指せ1億PF』の辛さを『優待PF』と『国際分散積立投資』で紛らわすという構図が出来つつありますね。
3月はどうなりますかね?このまま調整かリバウンドか?

では2月の成績です。

2月優待PF成績
因みに優待PFの運用開始は2018年7月です。


含み損益:¥486,450
累積配当:¥59,504
累積優待:¥164,100
累積確定損益:¥334,450


2月は既に報告したように『ビーグリー』を決算後の暴落で100株×2名義購入したのですが、その後もずるずる下落していき含み損が広がってしまいました。そのため100株だけ売却し、1月に売却した西松屋の利益と損益通算して少し還付を受けました。また折を見て再購入しようと思います。
あと2月はヤマダ電機が優待改悪したため全て売却しております。購入後も狭いレンジでよこよこでしたが、最終的には微益撤退となったため優待・配当分も鑑みれば十分な利益を出してくれたと思います。

最近優待の改悪や廃止が多くて嫌ですね。
優待は株式投資におけるオアシス的な存在なので、是非続けて欲しい誇るべきガラパゴス文化だと思います(笑)


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2月の株成績(2021)

いや〜悪夢のような2月が終わりました。
しかし、2月は終わっても悪夢は終わっていません...

今月は始め1/3ほどは非常に好調で、1月末比で+7%ほど上昇してくれました。しかし、後の2/3の期間は本当にひどく目も当てられない状態でした。
この後半の2/3での下落幅はなんと、、、

-12.4%

勿論、今まで私の少ない投資家人生の中でも、18年のクリスマスショックや昨年のコロナショックやらで1ヶ月で2桁の暴落は経験しています。でもそれは市場が調整したが故に自分のPFも調整したという要因が強く、なかなか避けるのは難しいものであったと思っています。しかし今回は市場は好調。

日経平均:4.7%
TOPIX:3.1%
マザーズ:0.4%

大型景気敏感株が強い相場で、個人投資家界隈の情報を見ても日経の好調さほど個人は好調ではないなと感じていました。それでもマザーズはプラスです。
ここまで全体相場と裏腹にPFが暴落していったのは、恐らく個別株投資を開始して以来初めてのことではないでしょうか。正直凹みますし苦しいです。゚(゚´Д`゚)゚。

ではその苦しい成績をご覧ください。

2月株成績

2月末PFです。

2月末PF

vsTOPIXです。

2月vsTOPIX


2月:-6.1%
年初:-2.9%
累計:155.24%


ここまで酷い成績になった要因は『スタメン』の下落が大きいです。なんと1月が-21%で2月は-19.6%です。なぜ損切りしていないのかという問題に他なりません。個人的には決算は悪くないと思っていますが、本来であれば決算後の下落で-10%を超えた付近で損切りを実行すべきでした。損切りした上で、また上昇基調となれば再購入すれば良いのです。

何故にそうしなかったかと言うと、NISA口座での購入だったからです...

NISAは一度売却してしまうと同枠は復活しません。せっかくの非課税口座での購入を損切りで終わらすなんて、非課税の恩恵どころか課税口座での損益通算すらできません。それは辛すぎる...なんて考えていたら損失があっという間に膨らみました。
もはや売り時を完全に逃している『スタメン』、この後に及んでも損切りできずに持っています。

どーしよーかなー

因みに同時期に上場し、同時期に初の決算を出してこれまた下落した『ヤプリ』は売却済みです。
今月めっちゃ調子良かった『IBJ』は100株しか持っていません。
全てが裏目っている感じですね。3月はなんとかプラスにしたいです。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

目指せ1億PFの下落が止まらない...

本日は日経平均もマザーズも下落しました。

日経平均:-1.61%
マザーズ:-4.31%

しかしネットの世界を見ていると意外に上昇している方も多いようです。
大型株高配当株中心の義理母のPFもそれなりに上昇していたという話です。それに引き換え私というと...

目指せ1億PF:-5.33%

結構な下落幅です。2月中の高値から比較すると-11%ほど下落しており年初の成績も圧倒的にマイナスです。原因は直近IPOで手を出した『ヤプリ』『スタメン』が振るわないことです。
勿論最主力の『メンバーズ』停滞しているのも要因ですが、こちらはチャート的には悪くはありません。

そろそろ何かアクションを起こさねばと思い、ヤプリは先週売却しました。
悪い決算ではないですが、期待剥落&直近IPOからの資金離れで下落の一途でしたので微益撤退です。あと1日早く決断していればもう少しは利益残せましたが、決断力がありません。

この売却した資金で今の地合いに合った銘柄の購入を検討しようと思います。
『IBJ』の買い増しか、或いは喰わず嫌いせずに大型景気敏感株を勉強にためトライしてみるかですかね。

変革が迫られている気もします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

何故セミリタイアを目指すのか

私が資産運用を行う目的は、遅くとも55歳にはセミリタイアして仕事を少々とプライベートを充実させることです。

これを考えるきっかけとなったのは、健康寿命についてのデータを見たことです。

健康寿命
<平成30年版高齢社会白書 内閣府>

日本人男性の健康寿命は少しずつ延びてきてはいますが、2016年のデータでは72.14歳となっています。同年の平均寿命は80.98歳です。
現在30代後半の自分が年金を貰えるのは良くて65歳ですが、下手すれば70歳となってもおかしくありません。そこまでフルタイムで働くとなると、老後の余暇を健康な状態で楽しめる時間は良くて6-7年、最悪2年ほどになってしまいます。

40年以上を週5日も仕事に費やして、残った自由時間がこれだけというのは、あまりに酷な話ですよね。これに気付いたとき、ちょっと絶望に近い感覚を覚えました。
仕事が趣味という人間であればこれで良いと思いますが、自分は仕事嫌いではないですが趣味ではないです。若いうちにもっと時間が作れれば良いですが、時間があってもお金が無い、或いは子供もいるので好きなように使えないという問題があります。

であれば早期リタイアを目指すのがベストであろうという結論に至ったわけです。
完全リタイアしたいかというと、少しは仕事した方が生活にメリハリも出ると思うので、週2日ぐらいは仕事して残る5日は好きなことに時間を使う。
勿論、結果的に暇してしまいもっと働きたくなる可能性も0ではありません。それならそれで働けば良いだけです、自ら選んだ結果ならそれも良いでしょう。私は幸いなことに専門職ではありますので、贅沢さえ言わなければ働き口は確保できる可能性が高いです。

というわけで、最近の運用成績は酷いものですが、早期セミリタイアに向けて日々努力していこうと思います。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

優待PFで新規銘柄を購入! ビーグリー

私は投資関連の本も読みますが、昔から漫画も読みます。

世代というのもありますが、『ドラゴンボール』『スラムダンク』が2大夢中になった漫画ですかね。その他にも親の影響で手塚治虫も多く読みましたし、姉の影響で少女漫画も読みました。

しかし、全部紙媒体で購入しているとスペースを取ります。結局増えてくると読む頻度が減った漫画を古本屋で売っていたのですが、何年か経つとまた読みたくなったりするんですよね(笑)

それらの問題を解決できるのが電子書籍です。
電子書籍を導入して以降は、本当に気に入ったものだけを紙媒体で購入し、残る漫画は電子書籍で購入するようになりました。場所も取らないのは良いですし、最近はコロナで乗りませんが電車でも読めるのは良いですよね。
欠点としては購入のハードルが下がり、ついポチッと押して買いすぎてしまうこと。微妙だと思ったものを売れないという点ですかね。


前置きが長くなりましたが、上記のような理由で電子書籍を夫婦共々使用しますので優待株として購入したのがこちら。

ビーグリー(東1、3981)
株価(2/19):1,464円
時価総額:90億4,100万円
PER 16.56、PBR 1.66
自己資本比率:26.5%
流動比率:95.4%
優待内容:100株保有で年10,000ポイント(約1万円相当)
優待利回り:6.8%
配当:なし

先日の決算翌日に下落したところで自分名義で100株購入。その翌日値を戻したところで、嫁名義で100株購入しました。
しかし、その後再度下落していき、今日現在は余裕の含み損です(笑)

決算で売られてはいるものの、業績自体は順調で割高でもないと思います。
何より電子書籍には伸び代があります。これからデジタルネイティブ世代が社会人に増えていったら電子書籍でお金を落とす人は確実に増えます。競合が多く、今後は吸収・合併を経て勝ち組が決まると思われますが、負け組も倒産というよりはTOB等で買収される形になると予想されますので、あまり先々を心配しておりません。

この優待内容が続く限り、ありがたく保有を継続すれば良いのかと思います。
あとパピレスも良い感じの株価になったら欲しいですね。そうしたら年間4万円分の電子書籍が購入できることになりウハウハですね!!!


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

国際分散積立投資の運用額が600万突破!

私のセミタイアを目指す上でのコア運用となる国際分散積立投資。

昨年8月に運用額が節目となる500万円を超えました。

それから半年、世界の株価指数は右肩上がりを続けています。

そのお陰もあって、

600万円!!!

早いですね〜

運用額が増えれば増えるほど、上下への額の振れ幅も多くなります。

増えている時はいいですが、減っている時は辛く感じるかもしれません。

そんなときでも粛々と積立られる強い心を身につけようと思います。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : インデックス投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

千趣会とやまやの決算 強気の復配と増配

嫁の大好きなベルメゾンを運営する千趣会、色々な食品が揃って楽しいやまやの決算発表が少し前にありました。


・千趣会
20年通期の決算でしたが、6.6%の減益で約3.9億の営業赤字でした。
内容としてはベルメゾンを展開する通販事業は10.1%の増収で利益もしっかりと出ていますが、ブライダル事業が59.4%の減収で赤字となっています。まあこれは前四半期も同様ですし予想できていた結果です。
問題は来期の予想です。


21千趣会予想


なんと9.3%の増収で20億の営業利益予想です!しかも年間配当7円と復配も予定しています。
JR東日本との提携の効果が大きいのかななんて考えていると、予想の内訳は下記のようでした。


21千趣会予想内訳


なんと通販事業は減収減益予定です。成長に向けた投資を優先することが理由のようなので、それはそれで良いのですが、増収増益の出所はブライダル事業の回復のようです。
20年に挙げられなかった結婚式の殆どは中止ではなく延期だということで、21年はコロナ禍が落ち着いてこの分も回収できるだろうという算段のようですね。未来のことは分かりませんので、目論見通りにいくのかもしれませんが、ちょっと楽観的かなと思ってしまいます。

結局コロナ変異型が流行して落ち着かず、見通しを下方修正なんてことがないように祈ります。
最近ちょっとマイナス思考に陥ってますかね...


・やまや
21年3Qの決算でしたが、10.2%の減収で98.8%の営業減益です。
同時に通期の下方修正を発表しています。外食事業にて75億弱の減損損失を出すことが理由のようですね。やはり年末からの第3波の影響が外食事業(チムニー)で大きいようです。でもその代わり来期からのれん償却の負担が減るよと短信にポジティブ風に書いているのが面白いですね(笑)

しかも、記念配当ではあるものの2円増配!

酒販事業は11.5%増収で53.6%営業増益となっており、増配できるんですよ〜的な感じです。しかも、チムニーで減損損失はありますが『当社単体としての経営成績に及ぼす影響はございません』と記載されております。その通りだと思いますが、何かグループ会社のことなのに他人事感が出ている感じがして微妙な気持ちになります。



両社ともにコロナ禍の影響が強く業績が低迷しているだけなので、変わらず保有し続けようと思います。両社とも優待はA級に魅力的だと思っています。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

日経3万突破も保有株は軒並み下落の嵐!!!

最近こればっか言ってますが、保有株が下落してばっかです。

『目指せ1億PF』の保有株が5社ありますが、全てここ1-2週間で決算発表がありました。決算翌日の反応自体はマチマチでしたが、そこから現在までは軒並み下落しております。

日経平均が先週、今週と上昇し続けてますが、私の保有株は5日続落、大幅安、下落、下落、下落...

これでは1億どころか1千万の達成も困難ではないかといった状況です。
しかし、嘆いてばかりでは自体は好転しません。
以前から言っていますが、今はシクリカル株・大型株が主導した相場となっており、小型株や新興株には厳しい相場です。では今からシクリカル株・大型株を買うかと言われると、日経平均3万の大台を超えてしまった現在買うのは怖い気がしてしまいます。

でもその気持ちこそが勝てない理由なのかもしれません。
トレンドフォローの観点で言えば、上昇している株を買えということになりますので勇気を出して買うのも一案の気がします。でも怖いですよね。日経平均が少し調整し25日移動平均線で反転したら買うのが理想ですが『言うは易し』そんなに上手くいくのかって話です。

・中小型株・新興株ターンを耐えて待つか
・トレンドフォローの観点でシクリカル株・大型株を買うか

迷ってばかりの投資家人生です(笑)
結論も書かずの乱文で失礼しました。。。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

スタメンの決算 インパクトには乏しいけどね...

先週末に主力株と位置付けている『スタメン』の決算発表がありました。

昨年末に上場して初めての決算になりました。ここで良い決算が出ないと株価が泥沼化してきそうで怖いところだったのですが、どうなんでしょうね。

スタメン20業績

上場時に既に3Qまでの決算は発表されており、黒字化もその時点でしていたため、期末決算はまあだいたい予想通り無難な数値だと思います。21年の予想も売上は40%増収と良い数字ですが、成長投資を優先するためと記載がありますが、各種利益はインパクトには欠ける数字です。
市場はせっかちですので、新興企業が一旦黒字化すると利益回収フェーズと判断し高い利益成長を期待する印象があります。短期的な株価はこのへんがどう評価されるかですかね。

個人的には上場で調達した資金と知名度を活かして、成長投資を加速させていくのは賛成です。日本では上場していることで信頼感が増しますし、利用企業もたったの335社です。参入障壁はめっちゃ低そうですが、現時点ではスタメンを脅かすほどの競合もおらず独自性の高いサービスでもあります。
問題はこのサービスが本当に世に必要とされるかです。これだけは未来になってみないと分かりませんが、全く必要とされない或いはサービスとしてイマイチということであれば、ほぼ『TUNAG』1商品のみで上場までは持っていけない気がします。
私個人としては市場はまだまだ拡大余地があるという方に賭けてみたいですし、売上成長をしっかりと見ていこうと思います。株価的にも今期売上予想から算出したPSRは13.5倍です。最近のSaaSモデルの企業の株価と比較すればまだまだ上昇余地があるように思います。

スタメンKPI

さて今回同時に主要なKPIも発表され、それを月次で公表していくとのアナウンスもありました。
利用企業数と平均MRR(初期費用を除いた平均サービス利用料)の2つになります。スタメンはストック収益率が9割ということを考えると、このKPIからだいたいの売上高は予測できそうですね。

個人的には月次の発表があると毎月どきどきするので嫌なんですよね(笑)、でも企業のIRとしての姿勢は素晴らしいと思います。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

トリドールとすかいらーくの決算 外食は厳しいですね

大好き丸亀製麺を運営するトリドール、優待改悪で多くの優待投資家を泣かせたすかいらーくの決算発表がありました。


・トリドール
21年3Qの決算でしたが、15.5%の減収で約17.3億円の営業赤字です。
2Q累計と3Q累計を比較すると減収幅、赤字幅ともに改善傾向にあります。つまり3Q単独では黒字が確保できているということですね。これは下記の決算説明資料からも明らかです。

丸亀Q別業績

ですが、、、併せて通期の下方修正を発表しています。

丸亀修正値

丸亀4Q予測

これは第3波の影響というしかないですね...
この下方修正は先を楽観視しすぎた結果で、あまりにお粗末だとの意見も聞きます。一方で3Qまでは順調に回復していたのは事実なので、致し方ないかなとも思います。
とにかく我慢の時期ですかね。優待が続く限りは保有しようと思いますが、一旦株価下落は免れないですね。


・すかいらーく
20年通期の決算でしたが、23.2%の減収で230億円の営業赤字です。
併せて21年の予測も発表しております。

すかいらーく21予測

21年は黒字回復を見込むようですね。ただし19年と比較すると既存店はマイナス見込みのようなので、引き続き厳しい状況は続くようです。

すかい21予測2

これを見ると、黒字浮上の鍵を握るのは継続的なコスト削減ですね。
それも含めすかいらーくが掲げている施策は以下のようなのがあります。

・20年に行った178店の閉店
・人気ブランドへの業態転換
・デジタルブックメニューの導入推進
・デリバリー、テイクアウトの促進
・デリバリーにおいてエリア複数業態で配達員を共有
・自社デリバリー網を活かした通販の促進

非常に現実的かつ地に足のついたもので好感が持てます。
これを着実に実行し、コロナ禍が落ち着いてきたら業績回復はしっかりと達成できるのではないでしょうか。この具体的な施策と比較すると、トリドールの見通し、施策は今ひとつなものに見えてしまいますね。
すかいらーくも優待が悪化したとはいえ、今の水準を維持してくれるなら保有は継続したいと思います。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー