FC2ブログ

2番底はどこに行った?何故上がるのか?

今週1週間は上昇の1週間でした、週間の値動きは以下の通りです。

日経平均:9.4%
マザーズ:12.9%
NYダウ:12.7%

コロナは終息しておらず、実体経済への悪影響はこれからが本番という最中、何故に株価は反発したんでしょう。勿論、一過性のリバウンドでこれから2番底が待っている可能性も十分にあるでしょう。

今回はもしこのまま株価が回復していくのであれば、それは何故か少し考えてみたいと思います。

①コロナの悪影響を全て織り込んだ?
→ まあこれは後付け的で何とでも言えますよね。ただ短期間での相当な下落だったので、ある程度織り込んだ可能性はあるのかなと思います。

②リーマンショックの教訓が活かされている
→ これは結構あると思います。100年に一度と言われたリーマンショックですら数年で回復したという経験があり、このコロナショックをチャンスと捉えて買い意欲旺盛な投資家が結果として多いのではないかと思います。

③SNSの発達
→ ブログ、Twitter、LINE等のSNSの発達により凄腕投資家の意見などが直ぐに見れます。SNSが発達していない時代は個人投資家は孤独であり、拠り所がありませんでした。SNSにより、パニック売りはダメだ、下落はチャンスだ、買付余力を高めよう等々、他者の意見を目にする機会が増えて冷静に相場に臨めるようになったのではと思います。人間は孤独に弱いですからね。しかし、これは機関投資家にはあまり当てはまらない理由ですね。

④日銀のETF買い
→ これは明らかに要因としてありますね。この大量に買ったETF将来的にどうするんですかね...


①はよう分かりません。
④は自明の事実というものです。
②③は個人的には以外と上昇している要因としてあるのではないかと思います。


個人投資家もリーマンショックを乗り越えSNSという武器を手にしたことによりパワーアップしたか(笑)

まあこの先株価がどう動くかは分かりませんが、『上がるのはおかしい!下がるのはおかしい!』というスタンスではなく、どう動こうが株価こそが正しいというスタンスでいこうと思います。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー