FC2ブログ

6月の優待PFの成績(2019)

6月は先日記事にしたように権利取りも多かったですし配当も頂けたりと、動きが多い1ヶ月でしたね。

今月は大半の銘柄が下落しています。権利落ちしたイデアインターナショナルや少し持ち直したかに見えた西松屋も下落しています。あさひもいい加減に下げ止まれよ!と言いたいですね。
そして何と言ってもヤマダ電機の下落。理由は分かりませんが、普段相場が崩れても比較的安定しているヤマダ株が、突如として売り崩されました。どっかの大株主がまとまった売りを出したのか...勘弁してくれ!
そんな中で1人奮闘してくれたのは、まだ非優待株であるナルミヤインターナショナルです。株価が上がってくれるのは有り難いですが、早く優待を新設して欲しい!

配当はナルミヤインターナショナル、フジ日本製糖、TOKAI、ヤマダ電機から頂きました。まだまだ雀の涙レベルのインカムですが悪くないですね。


6月優待PF成績


さて最近JTの株価がどんどん下落しているのが気になります。カップラーメン優待を頂けて配当利回り6%overは美味しい気がします。でもまだ下げそうな気もするし、そもそも資金ないのでもう少し見守ります。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

臨時ボーナス! リビン・テクノロジーズ初値売却で頂きました!

奇跡的に当選したA級IPO銘柄のリビン・テクノロジーズが本日上場しました。
私はIPO初心者ですので手堅く初値売却をさせて頂きました。


リビン売却


初値:9,000円

利益:51万円

手取り利益:約40万4千円



大方の初値予想と殆ど一致した初値でしたね。地合いが良ければ10000円も超えたのでしょうけど、こればかりは仕方ないですし、運だけでこの利益を頂けたんですから贅沢は言えないです。むしろ値が付かず週明けに即金規制が掛かった方が危なかったかもしれません。なんてったってG20でのトランプの暴挙リスクがありますからね(笑)

結局終値はストップ安の7500円でした。最近はIPOセカンダリーが不発のようですね。自分はIPOセカンダリーの勉強はしていないので、今の所どんな銘柄でも参戦予定はありません。でもIPO銘柄が半年から数年経って落ち着いたところは狙い目だと思ってます。

世間がボーナスを貰って喜んでいるこの時期に、私はボーナスがありません(年俸制のため)。なのでこのIPO利益が臨時ボーナス的な感じで嬉しいです(^∇^)

それにしてもみずほ証券さん手数料高いですね。普段使ってるカブドットコム証券さんもネット証券としては決して安い方ではないですが、それでもみずほ証券さんの半分以下です。
そして税金も高い...まあこれは致し方なしですね。特定口座なので損益通算はできませんし、みずほ証券さんはIPOにしか使ってないので、この税金が帰ってくることはないでしょう。以前の10%だった期間が懐かしいです。

とはいえこれで通算IPO損益もプラスに転じました。この勢いでどんどん当選を貰いたいですね!!
でもフィードフォースは全滅でした...

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

6月優待ゲット! そして権利落ち...

私は6月優待を現物で3つゲットしました。
そして昨日の権利落ち、値動きを見ていこうと思います。


イデアインターナショナル(3140)

優待内容:100株保有で9000円相当の自社カタログ製品
予想1株配当:4円
25日終値:989円
26日終値:898円
値幅:-91円

びっくりするくらい綺麗に優待分だけ株価が下落していますね(笑)
私は保有していませんでしたが昨年はもっと下落したようで、今年はマシだったようです。含み損がだいぶ増えましたが、まあ地道に回復するのを待とうと思います。回復しないこともあるかもしれませんが、その時は優待をいっぱい貰い続ければいいですかね。
RIZAPが親会社のうちは優待は継続しそうですし、RIZAPはここを手放さないと思ってます。


すかいらーくHD(3197)

優待内容(6月):300株保有で9000円のお食事券
25日終値:1,891円
26日終値:1,894円
値幅:+3円

私が300株ホルダーなので、上記記載になってます。すかいらーくは優待株の筆頭銘柄で、前回の権利落ちや減配ニュースの際などそれなりに下落するものの、割と直ぐに値を戻してくれていました。
それが今回はなんと権利落ちせず!現物万歳の瞬間ですね。
いつまでこの優待が続くか分かりませんが、優待をカードに変えたこととか、説明資料の内容を読む限り数年は続くのではないかと思っています。


千趣会(8165)

優待内容(6月):100株保有で1000円分の自社商品券
25日終値:253円
26日終値:265円
値幅:+12円

こちらも権利落ちせず。
まあ元々倒産リスクのある会社ですから、そもそも優待目的で保有している個人投資家も少ないんですかね。
頑張って会社を再建中ですが、上手くいくかは微妙なところに思います。まあ1単元を300円で購入した株なので最悪潰れてもダメージは少ないですが、嫁が好きなベルメゾンが無くなると困るので頑張って欲しいです。



ということで今回は3銘柄中2銘柄で権利落ち日の株価が上昇していました。
全てがこんなだったら優待クロスなんて必要ないんですけどね。因みに私は信用口座を開設していないので優待クロスもできずに現物のみで優待を頂いています。株価変動に一喜一憂するし権利落ちは怖いしで良いことないように思いますが、自分の性格上、信用取引はリスクが高いです。
以前FXをしていた頃、レバレッジはMAX5倍までと自分の中で決めて始めたのですが、結局最大限の25倍での取引を毎回行っていました。その結果?成績も安定せず撤退した過去があります。
恐らく信用口座を開設したら優待クロスに留まらず、3倍のレバレッジを掛けて取引してしまうでしょう。なので当面は信用口座は開設しません。

いつかメンタルと取引スタイルが確立されたら検討しようと思います。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

入居者が決まりました!

2ヶ月程前の記事で保有1Rマンション(1室)で退去があったと報告しました。

退去の連絡キター!!!

その部屋の入居者が決まりました!
退去通知を管理会社から頂いたのがちょうど2ヶ月前です。そこから入居者募集を家賃3000円UPで開始しました。実際に退去したのは6月頭です。それまでの間は内見ができないので相当な人気物件でない限りは入居者はそうは決まりません。そこから退去後に早急に部屋を修繕し、内見をできるようにして、本格的な客付です。
今回の修繕ではエアコンが古くなっていたので交換したため、結構な金額がかかりました。その甲斐あって?か分かりませんが、先日管理会社から入居者が決まった旨の報告がありました。

当初想定通り3000円UP(+4%)の家賃での入居です!!

7月頭の入居を予定してるので実質空室期間は1ヶ月ですね。早く決まるに越したことはありませんが1ヶ月なら十分に許容できる期間です。

と安心したのも束の間...
もう一つの文京区の物件にも退去通知が来ました(~~;)
IPOが当選したかと思うと今度は悪いニュースが入る。世の中バランスが取れているのかもしれませんね(笑)
こちらの物件も家賃1000円UPでの募集ですので早急に決まって欲しいです。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

PER、PBRの有効性について

先日のPR TIMESの記事の中でも述べましたが、自分はPER、PBRともにそこまで重視はしていません。

勿論、ある程度は割安・割高の指標になるとは思っていますが、PERが低いから今後株価が上昇する、或いはPERが高いから株価がそれ以上は上昇しないとも言えません。むしろアメリカの著名投資家には高PER銘柄に投資せよと言っている人も居ます。
ただ下値リスクを考える上では有効なのかとも思っています。やはり高PER銘柄は下がり始めると早い印象があります。


日経マネー7月号でPERとPBRの有効性に関する面白い記事がありました。

PER.png

PBR.png
《出典:日経マネー7月号》

このグラフはTOPIX500銘柄の中の低PER、低PBRの各100銘柄に投資した場合の500銘柄平均リターンに対する超過リターンを累積したものみたいです。これによると2009年頃までは超過リターンが右肩上がりで低PER/PBR銘柄への投資は有効であったが、その後は有効性が失われているというものです。

しかし、これはあくまでTOPIX500を基にしたデータであり新興市場やTOPIX全体を対象にすればまた変わってくると思います。
とはいえ、ただ単純に低PERや低PBRだからという理由だけで購入するのは止めたほうがよさそうですね。


こういうデータを雑誌とかで公表してくれるのはありがたいですね。データを作成した方に感謝です。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

まさかの当選!!! リビン・テクノロジーズ

ついに運が向いてきました!

A級銘柄のリビン・テクノロジーズのIPO当選をみずほ証券より頂きました。
もしかしたらS級である可能性も秘めています。NET配分は300枚ほどであったため、まあ今回もどうせダメだと思っていましたが、まさかですね。
勿論、他の証券会社からは全部落選でした。

リビン・テクノロジーズ当選画像

昨日のSansanも利益が出ましたし、良い流れのまま爆益を期待したいです。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

利益出ました! Sansanの初値売り

本日はありがたく頂戴したSansanの上場日でした。

最後まで公募割れするのか利益が出るのか分からない状況でしたが、無事に公募価格を超えました。
買い向かった皆様おめでとうございます!


初値:4,760円(+5.8%)


仕事があったため板などは見ずに初値売りとしました。その後引けにかけて上昇し終値はなんと5,460円!
保有しておけば、、、とも思いますが、逆もありますし結果論ですね。

IPOブロガーさんたちの記事を見ても辞退した方も多く、かと言って申し込んでいる方も見受けられ難しいIPOだったんだなと思います。昨晩NY株からの地合いの良さも助けになってくれましたかね。

私事ですがIPOでの初利益です。
抽選に頑張って参加しても全く当選せず、やっと当選したのはナルミヤインターナショナルやソフトバンクといった前評判からして微妙な銘柄ばかり。そして案の定公募割れという経験しかしてませんでした。まあ人気がないからこそ当選しやすいのですから必然かもしれませんが。
なので今回もダメかな〜と思ったのですが、、、嬉しい限りです。


この調子にのって新日本製薬も当選してないかな〜なんて期待していましたが、補欠でした(笑)
みずほのNET抽選分が4500枚以上あるんだから当選してくれたっていいのに...
やはりそう上手くはいきませんね。取り敢えず補欠は申し込んでみようと思います。それより明日発表のS級銘柄リビン・テクノロジーズをください!!って感じですよね。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

新規購入銘柄 PR TIMES

さて遅くなりましたが、今回は5月初旬に購入した新規銘柄の『PR TIMES』についてご紹介します。

PR TIMESはプレスリリース配信サイトの運営が主な事業です。
プレスリリースとはWikipediaによると、報道機関に向けた情報の提供・告知・発表のことを言うようです。一般的には企業から情報発信の手段として活用され、そのプレスリリースを各種媒体(新聞、雑誌、TV、ネットニュース、ニュース配信アプリetc)がニュースとして取り上げ、一般消費者などの目に届くようになっています。
このプレスリリースをする場、プラットフォームを提供しているのがPR TIMESです。一企業がプレスリリースを届けられる媒体数には限りがありますし、折角のプレスリリースも最終消費者の目に届かなければ意味がありません。PR TIMESを用いれば効率良く多くの媒体にプレスリリースが行き届き、結果として多くの消費者の目に届くというシステムです。

こんな感じです。
PR 図
【PR TIMES有価証券報告書より】

こっちの方が分かりやすいか?
PR 図2
【PR TIMESサービス内容資料より】

両方見るとよりイメージしやすいですかね。

自分はPR TIMESは成長株として投資しています。
先ずは成長株に必要な業績の伸びです。

PR 業績

何とも綺麗な右肩上がりですね。
PR TIMESは幾つかの利用プランがありますが、そのメインとなるのは月額課金制です。よって利益の源泉となるのが利用企業数です。特にプラットフォームビジネスはより多くの利用企業を集めて圧倒的なNo1になってしまえば、そう簡単に同業にその地位を譲ることはないと思います。利用企業や掲載媒体数が多くなれば多くなるほど、更なる利用企業を呼ぶということですね。

ということで利用企業数の推移です。

PR 利用企業

因みにこれは前期の決算資料を掲載していますが、つい先日利用企業が3万社を超えました。また、上場企業の36%が利用しているのも凄いですよね。因みに同業の中でPR TIMESはシェア圧倒的に1位です!
プレスリリース自体は企業が活動していく中で絶対的に必要なものですし、最近は個人事業主もプレスリリースを行っています。この流れはまだまだ続きそうですし、まだ利用企業を伸ばす余地、つまり成長余地もあると思います。


とうとうの理由で購入に至った次第です。
最初に購入した5月7日の時点で株価2,415円、時価総額162億円、PER37.5倍、PBR8.6倍、自己資本比率83.6%、流動比率491%です。
財務はこれ以上ないくらい鉄壁ですね。割安という観点でいくと全くですが、個人的には成長株を選ぶ場合はPER、PBR等の数値はあまり気にしません。高PER/PBRでも株価を上げていく銘柄は沢山ありますからね。ただし下落するときには低PER/PBR銘柄よりも早いので、売り時はより慎重さが必要と考えます。
因みにPEGレシオは参考にしたりします。PR TIMESの場合は営業利益の今期予想含む3期の平均増益率は36%ですので、PEGレシオは1.04倍となり割高とは言えないと思います。普通はEPSを使って算出するんですが、ブレが大きいので自分は営業利益を用いています。

自分が購入してからも株価は順調に推移してくれています。こうやって株価上昇している銘柄を恐れずに更に買い増して行きたいんですが、なかなか難しいです。もう1単元くらい購入したいですが、いつ買えばいいのか...

と上がってる銘柄は饒舌に語れて良いですね(笑)
まあいつ下落するか分かりませんけどね。調子に乗らず慎重に慎重に...

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

国際分散投資において僕らは逃げ切り世代かもしれない。

今話題の書『FACTFULNESS』を読みました。

思い込みを捨て、データに基づいて世界を正しく見ようというコンセプトの書ですね。

・世界の1歳児で何らかの予防接種を受けている人はどのくらい居るか
・いくらかでも電気を使える人は世界にどのくらい居るか
・現在、低所得国に暮らす女子の何割が初等教育を終了するか

などなど、上記の解答が気になるのであれば本書を読んでみてください。全体としては世界は悪い部分もあるが確実に良くなっているという内容で、大多数の人は一部の偏った情報によりネガティブに世界を捉えているそうです。
上記のような質問が15題ありますが、3択にもかかわらず自分の正答率は3割以下でした...


この中で個人的に気になったのが人口問題についてです。
世間では人口がこの先もひたすら増加して地球資源が枯渇するのではないか等の懸念があります。
しかし本書では国連統計を紹介しており、それによると世界の人口は2100年まで増加し、それ以降は100-120億人で安定すると見られている。

2100人口

これは世界の所得水準、生活水準が上がったことにより、女性1人辺りの子供の数が減少し、いずれは亡くなる大人の数と平衡状態になるということです。なので半永久的に人口は増加しないので安心してねという内容です。

ファクト


ここで本題に入ります。
そもそも国際分散投資というのは、世界の経済成長を信じることが前提であり、その経済成長の波に自分の資金を乗せてもらってゆっくりと資産を増やそうよというものです。そして世界経済が成長していくことを信じる要因の一つが人口増加です。世界の人口が増加して人々が生活すれば、そこに否応なしに経済活動が生じ、成長していくだろうと。
勿論、人口が増加しなくても経済成長はできます。しかし人口増加が経済成長の大きなドライバーであることは間違いないと思います。

その人口増加が2100年に止まる...
逆に言うと、僕らが死ぬまでは国際分散投資は有効であり続けそうです。しかし、子はまだしも孫の時代になったらもしかしたら国際分散投資は有効性が落ちているかもしれません。年金を十分に貰える今の高齢者を逃げ切り世代と考え羨ましがることがありますが、後の時代の人からすると僕らは国際分散投資の逃げ切り世代になっているかも。

なんてことを『FACTFULNESS』を読んで考えていました。
まあ完全なる妄想の世界ですけどね(笑)

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : インデックス投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

フジ日本精糖から優待の品を頂きました!

なかなか荷物受け取りの時間が作れず、やっとこさ優待品をGetしました。

昨年、マイホームを購入してからの困り事が荷物の受け取り。以前住んでいたマンションは宅配BOXがあったので楽だったんですが、今は設置してないので不便ですね。いずれは宅配BOXを設置したいと考えてます。

本題に戻って、フジ日本精糖の優待です。

砂糖

砂糖2

100株保有で1000円相当の自社製品です。
精糖会社ですので当然に砂糖3種です。あとはキープフラワーです。
キープフラワーは切り花を長持ちさせるための液体で、花をつける水に混ぜるようです。自分は全くもって花に興味はなく、花瓶に花を生けることもないので誰かにあげようと思います。

フジ日本精糖はこの優待権利を取った後に既に売却してしまいました。まあこれだけの砂糖があれば暫くは砂糖に困らないでしょう(笑)

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー