FC2ブログ

新規購入銘柄 Cominix

5月に購入したCominixについてお話しします。

『Cominix』は一見してIT企業のような社名ですが、実は昨年4月に社名を変更しており、元々は『大阪工機』というバリバリの昭和の香りがする社名だったんですね(笑)
Cominixは切削工具や耐摩工具を扱う専門商社です。これらの工具は自動車製造を始めとして造船、航空機、建機、工作機械等を製造する過程で必須のものとなっています。つまりは需要に波はあるものの現代社会がモノを作り続ける限り無くなることはないかと思います。
まあ卸売業ですから製造会社が工具を全てメーカーから直接購入したら仕事は無くなりますけど、そんなことは有り得ないわけで...


因みに切削工具とはこんなものです。

切削工具


5月29日時点での株価は866円、時価総額59億、PER8.28倍、PBR1.1倍、自己資本比率36.1%、流動比率152%です。
前期は1桁増収の2桁増益、今期予想は1桁増収増益です。


これまでの売上推移です。

Comi売上推移


良い感じに成長していますが、リーマンショック時はかなり売上を落としています。卸しているものの性質上、シクリカル銘柄の側面がありそうですね。事実、会社の説明資料でも業界の工具販売の推移は鉱工業生産指数との連動性が高いと書いてあります。
正直、卸売業を購入するのは初めてですしシクリカル銘柄もあまり購入したことがありません。『知らないものに手を出すな』という投資の原則に反するようですが、自分が知っている業界なんて殆どないので食わず嫌いしないで色々試してみようと思います。
Cominixの今期予想はやや保守的で上振れる可能性も十分にあると思っています。切削工具の売上も安定して伸びていますし、海外事業は2桁成長が続いています。冒頭にも言ったように、世界がモノを作り続ける限り成長余地はあります。それでいて割安銘柄であることも悪くないですね。


と言うわけで、買い慣れない業界を勉強のため試験的に購入してみたってのが正直なところです。
1ヶ月後には既に売ってるかもしれません(笑)

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

ピクスタでの失敗

5月前半にGLサイエンスを意図せず全売却したことで現金比率が上昇しました。
その資金を使用して新規銘柄を3社購入しました。今回は敢え無くソッコーで損切りとなったピクスタについて記事にしたいと思います。

と、その前にGLサイエンスの売却について...

結果論としてはGLサイエンスは決算を機に下落していったので、一番美味しいところで売却できたことになります。しかし、そんな奇跡は続くはずがないです。決算が怪しいから発表前に半分売却しとこうという判断、これ自体を成功ととらえ今後に活かしていこうと思います。


さて本題の新規購入銘柄『ピクスタ』です。

ピクスタ(東M、3416)はNET上でイラスト、写真などのデジタル素材の仕入れ、販売をしている会社です。
プロ、アマチュア問わず、クリエイターが作成したイラストや写真をピクスタサイト上で簡単に販売することが可能です。買い手はというと、広告や企業のサイトに写真やイラストを使用している人たちです。私たちブロガーも人によってはピクスタのような会社から素材を購入し、自分のブログに載せたりします。権利関係の心配などはいらないので安心して使用できます。
企業活動するにあたって広告やホームページの刷新は必須です。なのでピクスタのような企業は安定的に需要が見込めるのではないかと思います。勿論、競合も多数居ますが今のところ高成長を維持していますし、海外での成長余地はまだまだあると思います。

と考え、5月14日に決算前ではありましたが、取り敢えず最低単元と思い購入しました。
因みにこの時の買値は1800円、PER36倍、PBR5.65倍です。

それがどうなったかと言うと...
ピクスタ

アップしてみましょう。
ピクスタ2

そうです。
下図の大きな陰線をつくる前日に購入しております(笑)
そこからあれよあれよと下落し5月21日に1567円で損切りしてます。下落した原因は決算が期待に届かなかったことと立会外分売を発表したことです。

そもそもピクスタは前期が12.7%増収の532%営業増益で、今期予想も13.2%増収の81%営業増益です。
成長性は申し分ないですが、この通期決算と予想が2月に発表された際、翌日に上図左端の大陰線の形成、つまり大幅下落しました。恐らくは過剰に期待していた投資家が投げ売ったのだと思いました。
ここで自分は、過剰な期待を持っていた人々は既に居なくなり、地に足のついた成長性を期待している層が保有しており、そこそこの1Q決算でも少しずつ上昇していくのではないかと思っていました。
しかし、実際は十分に良い決算でも更なる下落が待っていました。勿論、分売の影響も多分にありますが、あの決算なら満足しろよと言いたいですねo(`ω´ )o

敢え無く損切りラインに到達しサヨウナラとなりました。

自分は高PER銘柄を買うことにはあまり躊躇はないです。歴史的に見ても高PER銘柄が更に上昇していく現象は幾らでもあります。ただし高PER銘柄は期待が剥落した時に下落速度、下落幅が激しいと感じています。なので高PER銘柄を買う際は一応の損切りラインを定めています。今回はそれが-10%でした。


ピクスタ、結構好きな企業ですので引き続きウォッチして機会があればまたいつの日か参戦したいです。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

初Get! あさひ優待

先日、サイクルベースあさひの優待券4,000円分が届きました。

私が住む地域ではあさひは割と多く見かけます。店内も明るく綺麗で従来の個人経営の自転車屋さんより清潔感があって良い気がします。
我が家は嫁の電動アシスト自転車も自分の普通自転車もあさひで購入させて貰っています。今回の優待券では自転車の付属品等を購入させて貰うおうと思っています。


あさひ優待19


あさひは現在絶賛下落中ですが、着実に増収増益を継続しており緩やかながら成長しております。優待目的に長期保有するには何の心配もしておりませんので、株価が多少下落しようとも気長に保有し続けようと思ってます。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

西松屋の優待到着! でも株価をもう少し...

先日、西松屋の株主優待が届きました。

100株保有で1000円分のプリペイドカードを年2回頂けます。
我が家にはまだ1歳半の娘がおりますので、この優待は助かってます。子供が居ると必要なものは湯水のようにあるもので(特に消耗品)使い道には困りません。


西松屋HD


しかし、株式投資としての西松屋は困ったもので下落トレンドが止まりません。
自分の優待PFの中でもダントツの含み損を記録してます。寧ろ現在の株価であれば買うには良いのかなとも思いますが、なんと購入したのは1200円代の頃...
まあ業績回復の見込みもなく、ここから更に下落する可能性もあるので、現在の株価でも本当に買いかは分かりませんがね。優待株であっても業績は重要です。肝心の優待が改悪される可能性もありますからね。

とにかく、西松屋にはもうちょっと頑張ってほしいものです。子供が西松屋を卒業する年齢になるまでは含み損でも保有し続けようと思います。

いや!それまでには含み益に転換してくれ!!!





と書いたのが数日前、昨日西松屋の5月度の月次が発表され、久々に前年を上回って良い数字が出ました!!
市場も好感してくれて今現在の株価は前日比4%以上上昇してます。
含み益への第一歩になると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

すかいらーくが強い 好進捗と優待への安心感

15日に今期1Qの決算を発表したすかいらーくが値を伸ばしています。


良かった点を見てみましょう。

すかいらーく20年1Q

先ずは昨年より減益幅が少ないですね。
また通期進捗率も売上高で25.4%、営業利益で25.0%、純利益で24.6%でまあ順調と言えば順調。昨年は1Q時点での進捗率は売上高こそ24.1%なものの、営業利益は19.4%、純利益は16.3%と今ひとつ。それと比較すれば良いですね。


すかいらーく20年優待

決算説明資料のこのスライド。これは株主優待は暫く改悪しないよというメッセージにも取れます。
ベインキャピタルが持ち株を全売却し、優待を送らなければいけない個人株主は大体上限に達したということでしょう。なのでこれ以上優待費用が利益を圧迫することはないよ、暫くはこの優待でいきましょう!と勝手に読み解きました(笑)


因みに悪かった点。
これは増収減益。つまり利益率は相変わらず低下しているということです。
粗利率は改善しているとのことですので、やはり販管費が増えているのですね。これを見るとやはり優待費用はいつかはメスが入れられるのだと感じます。
いずれにせよ営業利益率の改善は課題ですね。

好悪ありつつも結局は進捗率と優待の安心感が株価上昇の理由の気がします。


おまけ
先日優待券を使ってしゃぶ葉、バーミヤン、ガストに行きました。
一番美味しかったのはガストですね。バーミヤンはもう少し味の改善が必要だと...

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

プレミアグループ 冴えない決算で下落!

13日のGLサイエンスの決算、予想通り半導体事業が足を引っ張り減益決算でしたね。
こうなると全売却したのは結果オーライ、怪我の功名ってやつですね。まあでも長期的には有望ですので引き続きウォッチしていこうと思います。

さて、15日には最主力のプレミアグループが通期決算と今期の予想を発表しました。
まあ通期決算はまたまたデリバティブ益の影響で、予想より良い数値だったと思います。

問題は今期の予想

PG20通期

正直、期待外れ感は否めませんね。前期が会計基準変更や引当金の影響、デリバティブ益の影響で増益幅が抑えられていたので、その影響が消える今期はかなりの増益であると期待していました。
今日の大幅下落を見ると、その期待を抱いていたのは自分だけではないようです。

前期も4Qにデリバティブ益が発生しましたので、その影響を考慮したものも説明資料に載っていました。

PG20通期改

そうすると当期純利益は19.0%の増益!!!
とは言え、それでももう少し上を期待していました。勝手に期待した私が悪いのですが...


しかし、長期的な視点に立てば整備工場の増設や個人向けオートリースなど新規事業も期待持てますし、既存のコア事業であるクレジットも残高積み上がってますし、ワランティもまだ伸びるでしょう。
プレミアグループは比較的長期的な視点で投資しているので、余程値崩れしなければ保有は継続する方針です。

それを売ってでも欲しい優良銘柄が見つかれば良いのですが、残念ながらまだ出会ってません(笑)

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

意図せずGLサイエンスを全売却...

先週、保有していたGLサイエンスを意図せず全売却してしまいました。

と言うのも、保有株の半分を売却したところ買付時期の古い単元株から売却されました。
普通は複数単元保有すると平均購入単価が計算され、いくつ売却してもその平均購入単価を基準とした損益となるはずですが、、、NISA口座は何か違うのか?自分がそもそものルールを勘違いしてるのか?現在問い合わせ中です。

GLサイエンスは買い上がっていった株なので、古い時期に購入したものから半分売却したら大半の利益を確定してしまい、残りの半分の株には僅かな含み益しか有りませんでした。こうなると今日の決算が今ひとつなものであった場合、速攻で含み損に転落するであろうことは容易に想像ができ、それならば全売却しちゃえとなりました。

もともと何故半分売却しようかと思ったかと言うと、GLサイエンスの19年決算は心配していませんが、次期予想は減益とまではいかなくても成長が鈍化する可能性があるかもと思ったからです。
成長のドライバーともなっている半導体関連の需要が、やはり一時的にでも低迷しそうな気がします。大手の東京エレクトロンもSUMCO(2Qまでのみの予想)も今期は減益予想です。その点で会社側が慎重になれば保守的な予想を出してくる可能性もあります。
一方で半導体も長期的に見れば需要は旺盛だし、そもそも半導体売上が占める割合は34%です。一番の売上の分析機器の観点でいけば、新しいカラム製造工場が4月から始動しているので更なる成長期待はあります。

とあれこれ悩んだ挙句、他にも投資してみたい銘柄もあるしなぁ〜
とか思ったりなんだりして、中途半端に半分売却したわけです。そしたら結果的に全売却(笑)
好きな銘柄ではあるし、未来も明るい成長企業だと思っているので、また機会があれば購入したいですね。

取り敢えず今日の決算見て売ったことを後悔しているかもしれませんが...

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

TOKAIの通期決算 特に心配なし

10日のヤマダ電機の株価、やはり下落しましたね。
市場では狼少年的な扱いなんでしょう。それもやむなしですね。

さて、時を同じくしてTOKAIホールディングスも通期決算を発表しました。

TOKAI実績

2期ぶりの過去最高益のようで、特に問題ありません。

TOKAI今期予想

今期の予想も過去最高益を更新するというもので頼もしい限りです。


TOKAIは基本的に優待PFの銘柄なので飛躍的な成長を期待しているわけではありません。それでもこうやって増収増益を続けてくれると安心感を持てます。
株価には中々反映されないですが、まあ優待の水を頂きながら地道に上昇するのを待ちましょう。欲を言えば増配や自社株買いなどの株主還元もどこかの時期には行って欲しいですね。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

ヤマダ電機の決算 今期予想の信憑性は...

今週は大幅下落でしたね。
前回記事で緩やかに下げるなんて予想していた自分が恥ずかしいです。


さて昨日ヤマダ電機が通期の決算を発表しました。

ヤマダ19年通期

売上高は微増ですが、綺麗な減益決算ですね(笑)
通期予想にも未達です。

株式投資で重要なのは過去の数字ではなく、未来の見通しです。
というわけで今期の予測はどうでしょう。

ヤマダ20年予想

大幅な増益予想ですね。
問題は通期未達を過去にも起こしているヤマダ電機、予想に信憑性はあるのかということ。

ヤマダ電機がアピールしている経常利益率の改善を見てみましょう。

ヤマダ経常利益率

下半期の経常利益率は3.4%(為替による影響除く)となっております。
ヤマダ電機が発表した今期予想の数値から経常利益率を計算すると3%となっていますので、改善してきている経常利益率を維持できれば、案外達成可能な予想なのかもしれません。
そうなると売上高予想の信憑性がどうかです。4.6%の増収予想ですが、果たしてどうでしょう。
住宅設備などに力を入れているものの、まだ売上高に占める割合はそんなに多くないので、家電の売上がどれだけ伸びるかが重要だと思います。しかし、そう考えると今のヤマダ電機が家電売上を増やせるかというと厳しい気もします。
また、経常利益率も3Qより4Qの方が悪化しているのも気になります。

心配な点は多々有りますが、自分としては達成してくれることを願っています。
配当&優待目的で買っているとはいえ、株価が上がってくれる方が良いにきまってます。皆が懐疑的に見ている予想だからこそ、達成できたときには大きな上昇が期待できるはずです。

頑張れヤマダ電機!!!


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

月曜が祝日で良かった

誰かトランプからツイッターを取り上げてくれ(^_^;)

昨日月曜の中国株の下げ幅は5.6%安で1日の下げ幅としては3年ぶりの下落率らしいです。まあ原因はトランプ砲ですよね。折角、雇用統計も堅調で10連休明けも順調かと思ったのに...

しかしNY株は先程引けましたが0.25%安と小幅安にとどまっています。一時は400ドル以上下げたみたいですが、引けにかけて徐々に回復してきたようです。
このNY株が落ち着いたおかげで今日の日本株も小幅安にとどまってくれることを祈ります。

もし昨日、日本相場が開いていたら恐らく大幅下落だったことは想像に難くないですよね...
GWが功を奏した形ですかね(笑)、なんて楽観するのも危ない、緩やかにでも暫くは下落しそうです。


現在AM6時、令和初相場はどうでしょう。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー