FC2ブログ

2019年の積立計画!

先日2018年末時点のアセットアロケーション(AA)を記事にしました。
正直、理想としているAAには程遠くリバランスが必要な状況です。しかし、売却すると税金もかかりますし損益の計算も面倒になりますので、所謂ノーセルリバランスで行こうと思っています。

まずは2018年末のAAのおさらいです。

2018年末AA

そして目標としているAAです。

理想AA

いかにかけ離れているかが分かると思います。
積立を始めたばかりでAAという概念も乏しかった頃、日本株に偏っていたことが原因ですね。
これを考慮し今年の積立額・割合は以下のようにします。

2019年 積立割合

この積立割合で1年後にどうなるかは予測できません。そんなに細かく考えず日本株多すぎるから中止して先進国株足りないから多めにしてくらいの感覚です。積立の長期投資は細かく考えすぎずこれくらいで良いと思っています。

次に具体的な商品です。

iDeCo口座
たわら先進国株 23,000

iDeCo口座(妻)
eMAXIS Slim 新興国株 6,900
ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり) 16,100

つみたてNISA(妻)
eMAXIS Slim S&P500 10,000
eMAXIS Slim 先進国株 4,000

計60,000円の積立です。

自分はつみたてNISAではなく元々通常NISAを使用しており、そこでは個別株を運用しています。
本当は先進国株はeMAXIS Slimシリーズに統一したいのですが、楽天iDeCoは取り扱っていないのでたわらシリーズを積み立てています。
何故にS&P500?と言われそうですが、これはちょっとしたスパイス的な遊び心です。これがあることでそもそも理想AAと合致したものは作れなくなります。しかし細かいことは気にせず先進国株というくくりで考え、最強INDEXを個別に組み込む楽しさを味わいたいと思っています。

なんか抽象的な理由ばかりでちっとも科学的ではないですね。
でもいいんです。
ある程度分散して長く積立を継続さえすれば(^∇^)


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : インデックス投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

どんな優待株が欲しいか。

今日は私の優待株の選び方、と言うかこだわりをご紹介します。

株主優待を導入している企業は現在1500社ほどあります。
その数ある優待の中から欲しいものをどうやって皆さん選んでいますか?
好きな商品の会社であったり、総合利回りが5%以上であったり、優待株といえど業績ありきで選んだりと基準は人様々であると思います。

自分はというと、大前提として自己消費できるものが絶対条件です。
つまり身近で行ける店のない外食の優待券や泊まる見込みのない宿泊券、買うものがないセレクトッショップの優待券などは幾ら優待利回りが良くて業績が良くても買いません。
正しく言うと優待株PFには少なくとも組み込みません。純粋に値上がり益を狙った銘柄に結果として優待が付いている場合は勿論あります。

もうひとつ、金券優待には興味ありません。
QUOカードやJCBギフトカード、図書カードといったもので、株主優待の本来の意義である自社の商品を知ってもらうということから離れている気がします。これなら増配してもらい用途が限られない現金を貰ったほうが良いと感じてしまいます(税金分引かれますが...)。その方がP/L上の販管費も減りますしね。
また、そういった自社商品うんぬんという意味ではカタログギフトや優待ポイント制度もあまり魅力的には写りません。

なので自分は普段使う店の優待券(exヤマダ電機)、好きな外食(exトリドール:未購入)、使用する日曜食品(exTOKAI、フジ日本製糖)など『使うから欲しいな』を出発点として候補を選んでいます。

①『使うから欲しいな』

②20万円以下で買える(資金がないからです...)

③総合利回り4%以上がベター

④潰れない?優待廃止・改悪?(財務チェックです)

以上の順で考えて選んでいます。
優待株は業績にあまり相関せず動く銘柄も多いので、業績やチャートはそんなに気にしていません。

と何だかんだ言いつつ潰れないと言えない千趣会も持っていますが...


因みにあくまで個人的な考えなので、別に金券優待やカタログギフトを批判しているわけではありません。これらも立派な優待ですし、安定株主の確保といったこれまた本来の目的にも合致しますしね。届くのがワクワクするという意味ではどんな優待も嬉しいものです。。




にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

実行する力、億万投資家になるのに必要なもの

最近は個人投資家が書いた書籍が増えてきている気がします。

こういった書籍やマネー誌で、個人投資家として億の資産を築いている方々の考え方や勉強の仕方、銘柄発掘法等が簡単に分かるので良い時代だなと思います。
そんな中で銘柄発掘の手段として最近よく目にするのが、

・四季報読破

・全適時開示に毎日目を通す

・新高値を毎日チェック

・IPO銘柄を全てチェック

それぞれの投資スタイルによって見るものは違うのでしょうけど、共通しているのはこれらの確認を継続して実行しているということです。別に難しいことをしているわけではないですし、言われてみれば成る程ね、自分にも出来そうじゃん!
と思うのですが、きっと継続的に実行できる人は少数なんだと思います。
知識を仕入れるのとそれを実行する力と言うのは別です。書籍やブログ、マネー誌で知識だけ仕入れて満足しがちな自分が居るのを感じます。

今年は実行する力を磨きたいですね。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

来たぜ!! TOKAIの水

TOKAIの優待である水が届きました!
優待はいくつかの中から選べるようになっていて、水やQUOカード、宅配水のボトル、格安SIMの割引等があります。
自分は100株保有で備蓄用に水を選びました。

シンプルで良い感じのロゴの箱が送られてきます。

TOKAI.png

500mlペットボトル12本ですね。

TOKAI2.png


TOKAIは年2回優待で配当利回りも悪くなく、業績も順調です。
問題といえば株価が低迷していることですかね(笑)
100株保有なので絶対額は大きくないとは言え-20%の含み損です。

まあ地道に保有して配当と優待をもらいつつ株価の回復を待ちます。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

プレミアグループ、MSワラント辞めるってよ。

正しくは辞めるというより一定期間は少なくとも停止するってことみたいです。
有名映画の題名をもじったため、少し正しくない表現なことをお許しください(笑)

昨年12月に本ブログの記事でも書きましたが、プレミアグループがMSワラントによる資金調達を発表しました。
翌日ストップ安となりその後も大きく株価は下落して現在も低迷しております。この予想外?の状況を鑑みてMSワラントの停止が決まったようです。


PG.png

PG2


正直、MSワラントは予想外だったし株価下落もあって勘弁してくれよと思いましたが、やるならやるでしっかり成長に結びつけてくれとも思ってました。停止とはこれまた予想外で、あんま姿勢がコロコロ変わるのも好きではないです。しかし、市場は概ね高評価をしてくれたようで株価は少し上がり始めてます。まあ需給の悪化はまぬげれますしね。
とは言えあくまで今のところ、一定期間の停止指定なので6月以降どうなるかはまだ注意が必要です。

プレミアグループの良いところはどんな決定をしても、しっかり資料を作って説明するところです。MSワラントで株価が下がった時も今回もしっかり説明してくれるところは好感が持てます。

なんとか6月までに4000円代まで回復してくれることを祈ります。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

ナルミヤインターナショナルの決算

先週末にナルミヤインターナショナルの3Q決算がありました。

2Qの決算はダメダメで売上こそ通期予想の44%の進捗率でしたが、営業利益は15%という散々な数字でした。
これについて短信では『大雨、台風などの天候不順とそれに伴う直営店舗での臨時休業等により、売上は伸び悩みました』と記載がありました。
しかし、これは売上高が足りなかった説明にはなっていますが、利益率が想定より悪化している説明にはなりません。勿論、店舗が閉鎖しても人件費含む固定費はかかりますから利益率は悪化すると思いますが、四季報を読むとそれ以外にも配送費の高騰が負担となっているとありますので複合的要因なのでしょう。

兎にも角にも心配された決算でしたが、2Qまでよりはだいぶ良い数字が出ました。
2Qまでは売上高13,220百万、営業利益268百万でしたが、3Qは単体で売上7,185百万、営業利益669百万で営業利益率も2%から4.6%へ改善しております。
それでも通期の予想には届かず下方修正の可能性も捨て切れませんが、この改善自体をプラスに捉えてくれて株価は上がってくれるのではないかと思ってます。まあ月次からある程度は予測できていたと思いますが...


一番期待していた優待の新設はなかったですけど(´・_・`)

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

優待PFの候補銘柄②

優待PFに加えたい銘柄たち第二弾です。

優待銘柄を調べているとどれも魅力的でいっぱい欲しくなってしまいますが、資金もないので本当に欲しいものから順次ですね。

アークランドサービス(東1、3085)
『かつや』でお馴染みの銘柄です。自分は独身時代、週1回はお世話になっておりました。おろしカツ定食が美味しいんですよね。最近は新業態の『からやま』が伸びてきていて、既に安値からは10バガーを達成している銘柄ですが、まだ成長余地はあり外食のお手本のような銘柄だと思います。

ダイショー(東2、2816)
ここは調味料や鍋の素などの優待が人気となってます。業績もここ数年は増加傾向で優待も年2回貰えます。自分では購入しないであろう変わり種の調味料やスープもあるので、優待でこそ貰って食べてみたいですね。

マンダム(東1、4917)
男性用化粧品の大手ですね。自分も夏はギャッツビーのフェイスペーパーが欠かせません。マンダムは優待+配当利回りもまずまずですし業績もまあ安定してます。何より毎年いろんなマンダム製品がランダムで届くってのが楽しいですよね。

吉野家HD(東1、9861)
言わずと知れた吉牛!優待+配当利回りも悪くはないのですが、如何せん業績が安定せず利益も少ない...
ただ吉牛はお世話になっているし好きです。

イオン北海道(東1、7512)
イオン系列の北海道のスーパーですね。北海道在住ではないですが、イオンモールが自宅の近くにありこちらの優待券も使えるようなので欲しいなと思います。イオン系列の優待株の中では優待・配当利回りがよく合わせて4%を超えます。チャート的にはこの1年はよこよこで業績も安定、下値リスクもそこまで高くないと思います。


欲しい銘柄は多々あれど、資金は足らず...

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

シルバーライフがストップ安!

本日シルバーライフがストップ安となりました。。。

昨日の引け後に社長の保有株55万株の売出しが発表されたからです。理由としては株式の分布の改善及び流動性の向上を目的としているとのことです。
これに対して市場もストップ安という形でNoを突きつけた格好です。売出しは増資と違って株式の希薄化は起こしませんが、市場に出回る株式数は増えるので需給は悪化します。なので結局はマイナスのインパクトを与えます。

個人的にもやはり頂けません。
今回の売出しの一つの見方としては、一部上場を視野に入れている可能性があるということです。現在時価総額は条件を満たしておりますが、株主数、流通株式比率は満たしていないのかもしれません。
しかし、それならば株式分割でも良いのではないかと思います。単元株の投資金額も大きいですし。敢えて売出しでなくてもと思います。
そしてやはり皆が思うのは、社長が自らの株を手放すというのは良い印象を持たれないということです。勿論、社長が多く保有しすぎているのもどうかと思いますが、なんか自らの会社を成長させ株価を伸ばすんだという意欲が無いと見られてしまいます。高いうちに少し売っといて現金化しようみたいな...(実際はそんなことはないんでしょうけど)


そんなこんなで過剰反応しすぎとは思いますが、やはりのストップ安です。
プレミアグループのMSワラントといい、最近このようなマイナスインパクトの資本政策によく遭遇します。今まであまり増資リスクとか意識していなかったのですが、今後はそういったことも意識した方がよさそうです。しかし、予測する術なんてあるのか?新興企業に多そうとか以外に...ちょっと調べてみようと思います。

そしてここまで書いといてなんですが、実は今回は被弾しませんでした。
シルバーライフはスイングトレード気味に売買しており、昨日陰線をひいたので引け間際に売却してました。
なんと運の良いことでしょう(^∇^)

明日以降の値動きはどうなりますかね。業績は良くてまだまだ成長余地もあるので、下がったところでの買いを検討したいですからウォッチしておきます。
因みにMSワラントで被弾したプレミアグループは含み損のまま持ち続けています...

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2018年 投資信託の残高及び成績

大発会も終わり新年気分もだいぶ抜けてきた今日この頃です。

昨年の投資信託の成績を見ていきましょう。
10-12月にかけて世界の相場全体が調整に入ったため利益率、年間利回りも大きく下落しております。
相変わらず株と同時に先進国債券も下落幅は小さいとはいえ下落しており、あまり緩衝材としては働かないのかな。まあでもPF全体としては下落幅を縮小させますから、分散投資の効果はあるのでしょう。
とは言え、自分はもう債券は積立しないと決めているのであまり関係ないのですが。以前積み立てたセゾンBGFの名残で債券が残っています。日本国債は安定の横ばいで金もほぼBOX圏の一年でしたね。

昨年の大きな動きは債券積立を終了し、リスク資産を株・金として無リスク資産は現預金とすることにしたことです。
債券の分散効果は以前より弱まっている印象ですし、変に為替リスクを取るのも微妙です。

さて話を戻して12月の残高です。

投信12月成績

iDeCoです。

iDeCo12月成績
*上の画像はちょっと遅れて1月入ってからの残高のためやや下の数値とはズレがあります、ご了承ください。

元本:¥2,408,355
利益:¥420,599
損益率:17.5%

11月の損益率26.5%から急落ですね。
しかし、いつも言っているように下落している時こそドルコスト平均法の真骨頂で口数をどんどん仕込み、未来への飛躍の土台を作りたいと思います。これに尽きます。

そして2018年の年間成績、修正ディーツ法です。

2018年:-9.8%(2017年:16.3%)


続いて2018年末のアセットアロケーションです。

2018年末AA

2017年末に日本株が先進国株より多かったので日本株積立を一旦中止し先進国株を伸ばしました。
その甲斐あってか一応先進国株がトップシェアです。
しかし、今目指しているアセットアロケーションは下記なので、まだまだ程遠い感じです。
売却してのリバランスは好まないので、何年もかけてノーセルリバランスで頑張りたいと思います。今のところ...

理想AA


さあ2019年は積立投資にとってどういう1年になりますか、楽しみです。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : インデックス投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2019年の抱負・目標

2019年も難しい相場が続くものと考えられます。
世界的に見ればやはり米中摩擦が一番の懸念点でしょうし、日本的に見れば10月の消費増税です。
前回の増税時はやはり消費は冷え込みました。今回はその反省を活かし様々な対策を練っているようですが、それでもリスキーなことには変わりありません。

そんな中でも目標を立てるのは大切です。

・積立投資

目標も何もなく、粛々と積み立てるのみです。
下がっている時こそドルコスト平均法の真骨頂ですので、場合によっては積立額を増やすことも検討しようと思います。


・不動産投資

マイホームも購入してしまいましたし、これ以上の借り入れは危険です。
兎に角、現在保有している千駄木のワンルームマンションから繰上返済を頑張っていきたいです。
今年は50万円の繰上返済予定です。

・目指せ1億PF

これは金額にして180万円(含み益ベースでOK)にはしたいです。
因みに2018年末は156万円でした。一時210万までいきましたが10月から暴落しました(>_<)

目標値

2019年8月での目標が156万ですので、2019年末には最低180万かなといった計算です。
まあ言うのは簡単ですけどね。。

・優待PF

楽しく気長に優待もらえればいいです。


これらの目標を達成すべく2019年も頑張りたいです。
それには勉強あるのみですね。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー