FC2ブログ

2018年を終えて

2018年大晦日です。

私はここ数年、殆ど大晦日は仕事をしており、何なら仕事中に年を越すこともしばしばです。

そんな終わり微妙な一年ではありますが、

ブログ始めて1周年を迎えたり、自宅買ったりと充実した部分もあります。

肝心の投資成績はもう少し頑張りたいところです。

来年も投資的視点では難しい1年になるとは思いますが、

皆様にとって良い1年となりますよう心からお祈りしております。

では良いお年をお過ごし下さい。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

12月及び2018年の株成績

今年から優待PFも始めましたが、これは目指せ1億PFの成績です。

先日も書きましたが12月は苦しい苦しい1カ月でした。おそらく多くの個人投資家さんは同じ気持ちを抱えてるでしょう。ただ個人的には前半の貯金がまだ残っておりプラスで終えられたことを喜びたいと思います。

そんな中ですが、26日以降に実質新年入りしNISA枠も復活しましたので新規銘柄を購入しました。
クリスマスショックから26日にNYダウが反転したため27、28を使って『GLサイエンス』をお買い上げです(笑)
まだまだ相場が安定しない時期に何で買ってしまうかなと言われそうですが、11月の反転相場の際に慎重に25日線を越えてからと考えて買ったら失敗したので、今回は直ぐに買い向かってみました。銘柄の詳細は来年にでも書きます。
まだまだ駆け出し投資家ですから色々試してみます。

企業を見ていると言うより株価を見て振り回されている感が否めませんね。。。
初めての下落相場なんで勘弁してやって下さい。

12月成績です。
12月株成績
毎度おなじみ2017年8月の基準価格を10000としています。


12月末PFです。
12月末PF


12月:-10.0%
年初:19.0%
累計:55.0%

日経:-12.1%
TOPIX:-17.8%

因みに今年は10万円を元本に追加したので累計投資元本は110万円です。
今後も余裕が出来た際に、全体の資産のバランスを見ながら元本を増やしていきたいです。

十分な数字ではありますが、55歳1億までにはまだまだ遠い道のりです。
失敗も多いので、それを糧に少しづつ成長していきたいです。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

大納会終えて、振り返ってみましょう。

終わりましたね。
今年は波乱の相場で難しかったですよね(>_<)、自分の投資資金もジェットコースターのように増減していきました。

今年初めに2018年の相場展望をしてました。
2018年の相場展望
我ながら甘々の見通しだったと反省しております。

まずは2月のVIXショック。
これはそんなに痛手を被らずにすみました。その要因は前半絶好調だったグリムスのおかげです。グリムスは新規事業である電力小売が絶好調で、既存事業とのシナジー効果も発揮し業績は右肩上がりです。その業績拡大は今も続いてはいますが、ある程度織り込まれてしまい、更に地合いの悪化もあいまって株価は調整しました。
自分はというと偶然にも天井からちょい下がったところで全売却できたので、大いに成功したと言えると思います。


10月からの下落相場。
ここではマネーフォワードが大きく下落してPFの成績悪化要因となりました。
全体相場が調整する時には、やはり赤字企業は真っ先に売られていくんだなと感じましたね。売上の拡大は順調で黒字化だって難しくないと今でも思ってますが、株価がだだ下がりしている以上は資金効率を優先し売却しました。結構な損失を被りましたが、その後に海外公募増資を発表し更に下落、結果的には売却しといて命拾いしました。


プレミアグループのMSワラントショック!!
今年の個人的な一番のハイライトはこれです。全幅の信頼を置いていたプレミアグループが今月にMSワラントによる資金調達を決行、株価は翌日ストップ安、そして地合い悪化もあいまって現在見るも無残な状況です。
これは正直予想外すぎて泣けてきます。業績は良いし、今後の成長のために資金調達が必要というのも分かります。なので幾らなんでもここまで叩き売られなくてもいいのにと言うのが正直な感想です。
増資に対しては企業が成長に上手く利用できるかを判断するのが本来の在り方だと思います。昨今?の増資=売り的な風潮はどうかと思います。とは言ってもそれが現実ですし、負け惜しみにもなりません。
強いて言えば自己資本比率が低い会社は、やはり銀行融資より増資を選びやすいでしょうし、それを頭に入れて投資すべきだということが勉強になりましたね。


トドメのクリスマスショック。
誰かが言ってました。サンタではなくサタンが来た...
上手いこと言うなーと感心してしまいました。プレミアグループショックがでかすぎて、クリスマスショックはそこまで苦しく感じませんでしたね(笑)
欲しかった優待銘柄がそれなりに下落したところで仕込めたので良しとしましょう。


簡単に振り返ってみましたが、要はグリムス上昇 vs プレミアグループ暴落の戦いでしたね。
結果としては2017年末よりは資金は増えています。しかしMaxからは相当に減少しましたけどね。゚(゚´Д`゚)゚。
来年はどんな年になるでしょう。今年より更に難しい相場になりそうな気がしますよね。それでもしぶとく頑張ってみようと思います。

近日中に2018年の成績もUP予定ですのでしばしお待ち下さい。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

フジ日本製糖&ナルミヤを購入しました!

NYダウが大きく反発してますね!

昨日までのNYダウが暴落し、勿論日経も暴落する中ですが買ってしまいました。
これが良い押し目だったのかどうかは、もう少し長いスパンで見ないと分かりませんね。

優待PFに加えたのが先日の記事でも購入したい銘柄としてご紹介したフジ日本製糖とナルミヤインターナショナルです。どうしても株価が下落して利回りが上がると買いたくなります、、、優待株については逆張りをせずにいられないようです。

フジ日本製糖は今期は減損損失があって減益となりますが、膿を出し切ってしまえば業績面でズルズル下落するようなことはないように思います。減益によってPERを見れば割高ですがPBRは1倍割れしてます。そもそも投資額自体が6万円弱ですので100株保有なら何が起きても左程怖くありません。なんか良く分からないけど砂糖が欲しいんです(笑)

ナルミヤインターナショナルはこれまでも何度か書きましたが、IPOを初めてゲットして初値売りで損した銘柄です。
業績が振るわず株価はその後も下落していますが、そろそろ下がり止まりな感じもします。下方修正が出る可能性も結構ありますが、ある程度織り込まれていると思うので、修正が入ってもそれ程下落しないのではとも思います。PERは割安ですし優待も必ず導入されるはずです。それを地道に待とうと思います。
なにより我家はここの服がお気に入りのようです。


今日大きく反発しているとはいえ、全体で見ればまだ下落相場ですので購入したあともまだまだ下がるかもしれません。実際に優待PFは?も?含み損だらけです。
個人的には優待PFは下落率よりも絶対額で見ようと思ってます。具体的には購入するのは殆ど最低単元で投資額15万以内を極力意識しています。そうすれば銘柄も多く買え分散効果も効きますし、損失の絶対額も減るのではないかと。。。
もっともっと資金力がついたら高い優待株も検討します。


ここからまた上昇基調に戻って欲しいですね。目指せ1億PFも壊滅的な状況ですので今日から戻していくことを願います。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

含み損の感覚が麻痺してきてヤバいよね

日経の大暴落には困ったものです。
このまま年内は少なくとも下落基調ですかね。


さて、プレミアグループが順調に含み損を拡大し-30%程下落しております。この大暴落も一因ではありますが、どちらかと言うとMSワラントが主因での下落です。
MSワラントでの下落直後は苦しい気持ちで一杯でした(´・_・`)
そこから更に含み損を拡大し、なんだか苦しみを通り越して変に客観的に損失を見ている自分がいます。こうなるとヤバい!!!

ものの本で読みましたが、含み損は当初は辛く苦しい感情が湧き出るようですが、一定を超えてくると逆に何も感じなくなり損を見ないようにする心理的防衛反応が働くようです。

まさにこの状態か俺は...

こうなってくるとマズイですね。損失の痛みを忘れないこと。
これも重要だと思います。
何て書いていてまだ塩漬け中なんだから世話ないね。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

下落相場で生き残るには...

10月以降は上がったり下がったりで直近は下落相場と言ってもいいのではないでしょうか。
そんな中、自分の資産も順調に減少を続けており、見るも無残な状態に陥っています。

さてそんな下落相場をどう乗り切っていくか。
よく下落相場で勝つのは難しい、株式投資で資産を築くには悪い時期は負けない投資、相場からの退場を余儀なくされるような事態に陥らないことが重要と言います。
全くもってその通りだと個人的にも思います。そういった点も含め下落相場で生き残る方法を模索しております。


①現金比率を上げる
全体の投資額を抑えれば下落率も抑えられます。一番確実且つ簡単な方法ではないかと思います。強いて言えば買いたい衝動を抑えられるかが心配です。

②ディフェンシブ銘柄を買う
景気に影響されにくい生活する上でなくてはならない商品を作っている、売っている銘柄を購入するというものです。しかし、暴落が訪れた際にはそんな理屈関係なく売られると思いますので、そんなに有効な気はしません。個人的には。

③日経、TOPIXインバースを買う
これは日経平均が下落すると同様の比率上昇するという商品ですね。これは有効な手段ではないかと思います。PFの一部に組み込んで緩衝材として働かせるのは一手です。逆に踏み上げられるとリスクではありますが。

④信用取引で空売りをする
これは下落相場で稼ぐには上手く利用すれば最高なんだと思います。ただしリスクはそれなりにあります。空売りには損失の限界がないですからね、理論上株価が上がり続ける限り損失は拡大します(実際は追証が発生するので無限大はないですが)。まだまだ未熟な自分には難しいかと、でもいずれはやってみたい取引でもあります。


①、②は下落相場で負けないを目指す方法といった感じで、③、④は下落相場でも勝てるを目指す方法といった感じです。個人的には信用取引は今は考えてませんので、①と③を活用してこの先続く?訪れる?であろう下落相場と対峙したいと思います。




まだプレミアグループ持ってます...

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

ヤマダ電機の優待 & レオスの上場延期

ヤマダ電機から優待券が届きました!
100株の最低単元保有ですので2000円分ですね。ブルーレイレコーダーを買うのに使わせて頂く予定です。


ヤマダ


最近は優待株も軒並み下落しているため、以前から狙っている優待株が欲しくなりますね。
キャピタル狙いの株だと下落相場が続く中ではなかなか購入しづらいですが、優待株はある意味インカム狙いなので、株価が下落すると利回りが良くなるため購入したくなります。
とは言え、どこまで下落するか分からない相場ですので買いたい欲求と戦って慎重に銘柄・タイミングを選ばなくていけません。なんたって現在保有中の優待株たちも軒並み含み損だらけですから、しかも結構な...
それでも比較的心穏やかで居られるのが優待株の良いところです。



さて2つ目の話題はレオス・キャピタルワークスの上場延期です。

これは普通に考えれば、折角当たったIPOが延期ですので悪いニュースなのですが、今回は助かったような気がします。本日上場したIPO4銘柄も公開価格を超えたのは2銘柄のみ。ポートに至っては売り気配で初日値が付かないという前代未聞の状態のようです。この地合いでは元々厳しいかもと言われていたレオスも公開価格割れは必然だった気がします。
ソフトバンクのお寒い状況がIPO市場に悪影響を及ぼしてますね。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

流れが悪すぎる...

ソフトバンクはやはりと言っていいのか分かりませんが公開価格割れです。

通信障害、ファーウェイショック、PayPay詐欺等がなければ割れなかったかもしれませんが、そんなことを考えても後の祭りです。500株全て初値で売却しましたので-21,694円です。。。
一体いつになったらIPO初利益が出るのか...

そして昨日ストップ安をくらったプレミアグループですが、本日は寄りはしたものの引続き大幅下落。11%の希薄化がここまでの影響を及ぼすとは恐ろしや。やはりMSワラントと言う資金調達方法がダメなんですかね。調べると銀行借入や公募増資が難しい企業がとる手段とのこと。正直プレミアグループの財務・損益状況なら他の手段での調達もできるとは思いますが、やはり皆がそう思ってるぶん裏切られた感が強いんでしょうね。

ソフトバンクにプレミアグループと自分の成績は崖から落ちるかの如く下降しています。
一体どうしたものやら。このままではレオスも危ういでしょうし(´・_・`)

暫くは守りを意識した運用を心がけるか。
いや、そもそもプレミアグループどーしよう...
現実逃避体制に入っている自分がいます。

冷静になって。
プレミアグループは普通に考えて下げすぎでしょう。業績はいいし成長性もあります。手にした資金をうまく活用すれば成長にドライバーがかかります。今期は業績が伸びているものの、前期のデリバティブ益や会計変更の影響で決算短信上の数値は決して良く見えません。4Q決算の際にこの影響が抜けた来期の予想は良い数値が出るものと考えられます。そこでまた市場が反応してくれるんではないかと期待しております。
反面、自分の買値約4300円から31%も下落しています。これを取り返すには45%株価が上昇しないといけません。
30%落ちたら30%戻せばいいわけではありません。
と考えると45%戻すのに一体どのくらいの期間を費やすんだろう、そもそもまだ下落するかもしれんし、などなど考えてしまうと潔く損切りし、まだ他に上場会社3700社もあるんだから新たな投資先を検討しよう!という気もします。


以上、心の叫びですね。
迷走してます。
もう少し考えさせて頂きます(笑)

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

プレミアグループ ストップ安!

一昨日(現在夜中です)記事にしましたプレミアグループですが、なんと寄らずのストップ安です。゚(゚´Д`゚)゚。
200株持っていたので−14万、自分の中では最大級の被弾です。今日の株価も戦々恐々としてます。

先週のシルバーライフのストップ高の嬉しさとプレミアグループのストップ安の悲しさ、比較するとストップ安の方が圧倒的に精神を蝕みますね。これがプロスペクト理論でしょうか(笑)

しかし、プレミアグループは個人投資家からの期待感は大きかったと思います。
期待が大きい分、MSワラントは裏切られた感が半端じゃないんでしょうね。株価は市場参加者の心理で形成されているということです。良い勉強ですが払っている代償は大きく、明日以降どうするかもまだ未定です...

なんか乱文ですいません。
動揺しているのかも。

取り敢えず今日はソフトバンク上場です。
最終的に500株の保有ですが、初値は公開価格と同等であればまだマシといった雰囲気になっていますね。
手数料分くらいは出て欲しいです。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

プレミアグループが...

本日の引け後にプレミアグループが幾つかのIRを出しました。
好悪入り混じり、正直困っております。


好材料

東証一部指定承認!
まあ予測は出来ていましたが、順当に東証一部行きですね。

株式分割!
これもあったら良いなと思ってましたが、実現してくれて嬉しいですね。


悪材料

第三者割当による行使価額修正条項付新株予約権
何とも分かりにくい名前で自分は初めて聞きました。ネットで調べてみたところ『Moving Strike Warrant(MSワラント)』と一般的には言われているようです。
細かいシステム的なところは個々で調べて頂くとして、株価へはやはり悪影響のようです。

・EPSの希薄化
・通常引受先は継続保有せず直ぐ売ることが多いらしいので需給悪化
・引受先は殆どの例で空売りをし、その返却に行使した新株を当てることで差額を儲ける

短期的には株価下落圧力満載です。
因みに資金の使途は、

・コア事業及び既存カービジネス関連事業の推進と拡大に向けた投資資金
・国内外の事業領域拡大に向けた将来のM&A投資資金

とのことです。



長期的な成長のためとはいえ、あまりに株価下落すると資金力がない身としては効率悪く苦しいとしか言いようがありません。PTSを見る限り大幅下落しており、東証一部指定替えや株式分割なんて無かったかの如く売り叩かれております。先日マネーフォワードも海外公募増資を発表して見るも無残な下落を遂げています。それにしてもPTS下げすぎでしょ(´・Д・)」
本当に増資って嫌われますね。将来に向けて効率良く使用し、本当に成長に繋がるのであれば長期的には良いことなんだと思います。ただ嫌われますね。。。

自分は明日以降の株価推移をみてホールドか売却か決めようと思います。
プレミアグループの将来性については変わらず期待しています。ただ、何回も申し上げているように含み損を長期に抱えると小額資金者にとっては資金効率が悪いので辛いです。自分の資金が数千万でもあれば保有し続けるでしょうけど。

しかし、今回はMSワラントというものを経験し勉強になりました。
大きな損失と引き換えかもしれませんが、今後の血肉となるでしょう。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー