FC2ブログ

4月の株成績

今月は低迷の月でした。イーグランドとグリムスが大した動きもなく何となく下がっていく状況でしたね。5月の決算を迎えるまでは材料もないのでこのままでしょう。リファインバースが悪材料出尽くしで少し戻しましたが、それも限定的です。

4月成績です。
4月株成績
毎度おなじみ2017年8月が基準価格10000です。


4月末のPFです。
4月末PF

4月:-4.5%
年初:15.2%
累計:50%

今月はTOPIXを大幅に下回りました。TOPIXの一部であるはずのイーグランドが振るわず、新興市場も振るわない印象でした。決算に期待しましょう。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

家計簿での失敗

皆さん家計簿をつける際に支出項目はどのように分けていますか?
私は家賃、光熱費、通信費、交通費(車関連含む)、食費、日用品、お小遣い、保険と分けてつけています。この内、家賃、お小遣い、保険は月々定額で固定費という扱いになり残りが変動費ですね。

しかし上記に含まれない支出もあります。最近ですと内祝いや旅行関係の例外的支出です。勿論無理やり項目を作って記録していってもいいのですが、毎月でる支出でもないため、前年比や前月比で比較する際にどうしても見にくくなるのが嫌で家計簿としては記録していませんでした。
その時の貯蓄具合を見て、今ならこのくらい旅行につかっても大丈夫だろうと、何故かそこだけどんぶり勘定で使っていたんですね。

そんなこんなで今年の初めにマネーフォワードで昨年の家計を見直したところ、家計簿上の年間貯蓄額と資産残高の増加が全くもって乖離していることに気づきました。勿論自分でもちょこちょこ例外的な家計簿に記録していない支出があるのは分かっていたので、多少は差が出るだろうと思っていたのですが、予想以上でびっくりしました。
思い返せば昨年は新婚旅行などで結構な出費をしており、その分の支出を考えると大して貯蓄は出来ていなかったんですね。

なんと初歩的なミスなのか、恥ずかしい限りです。今年からは『特別支出』という項目を作ってお金の流れはしっかり把握しようと思います。これでは資産運用うんぬんかんぬん言う資格もないですね(´・_・`)

皆さんも会計簿をつける際は気をつけて下さい。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

リファインバースの値動きに思うこと

先週末にリファインバースが遂に下方修正を発表しました。
これは予想できた事態で、むしろ遅いくらいに感じます。何といっても2Q終了時点で営業利益の通期進捗率が10%でしたので。設備等の不具合もありで仕方のない部分はありましたが、当然株価の下落は避けられませんでした。
そして今日の株価はというと、現在5%程値上がりしています(いつまで続くか分かりませんが...)。これは下方修正を織り込んでいたことと悪材料出尽くしで上がったのだと、後付けながら考察できます。

最近改めて思うのは、短期の株価というのは本当に市場参加者の心理で動くのだなぁと言うことです。行動経済学や心理学が発展する理由も良く分かります。上方修正出たからといって上げるとは限らず、下方修正が出たからといって下げるとは限らず、要はその情報が出た時点での市場参加者の心理状況によるということです。
これを予測することはできるのか?
個人的には色んな人の気持ち、立場になって考えればある程度の予測は可能なのではとも思います。それを生かして多少稼ぐことももしかして出来るかもしれません。しかし、ギャンブル的な要因であることは否めず、心理の読み合いの果てがどうなるかも分かりません。ただそれを考えるのは楽しそうだなと思います。

とは言え、長期的な視点での投資であれば、そんなことは大して考えずに長期的な業績に着目して株をブレずに持ち続ければ良いのでしょう。それが如何に難しいことかは皆さんもお分かりかと思います。
何か話がだいぶ逸れていきましたが、、、長期投資というのは短期投資よりよっぽど難しいなと思う最近です(´・_・`)

簡単に長期投資を実践するならやはりインデックス投信の積立ですかね...

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

個人投資家調査2018

皆さんは投資関係の勉強をどうやってしてますか?

私は書籍や個人投資家のブログを読んだりで勉強してます。セミナー等は平日休みという仕事の関係上なかなか行けません。そんな中で2012年から毎月定期購読しているのが『日経マネー』です。日経マネーは株、投資信託、不動産投資、FXまで投資に関して幅広く扱っている月刊誌で個人投資家にも強くスポットを当てています。
毎年春先に個人投資家調査と言って大規模なアンケートを実施しており、結果を日経マネー誌面上で発表してます。ブログとかで成績等を発信している方もいますが、まだまだ投資についてはオープンではない状況で、個人投資家の動向を知れる良い機会です。設問も50問ほどあり、成績や投資スタンス、投資にかける時間など多岐にわたります。

自分も昨年初めてアンケートに答えようとしたところ、成績の出し方等が良く分からず答えられませんでした。積立投資などの資金を追加していく際の成績の出し方が良く分からなかったんですねヽ(´∀`)ノ
その後調べて修正ディーツ法なるもので成績をつけ始め、満を持して? 2018年の個人投資家調査に臨みました。自分がアンケートに答えると、より一層結果が楽しみになりますね。

皆さんもお時間があったら回答してみては如何でしょうか?

https://t.co/Orf8Z2qSJy
4月30日までみたいです。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

もっと資金が欲しい...②

資金が欲しい理由は尽きることはありません(笑)

資金が少ないと単純に買える銘柄が限られてしまいます。買ってみたい銘柄は多くはないとは言え、自分の運用資金では買い切れるものではありません。また、買えるからといって多くの銘柄を買っていると分散投資の観点からは良いのでしょうが、効率は悪いと思います。
運用資金が1000万ほどあれば分散投資も良いとは思いますが、100万スタートでは分散投資していては中々増えないでしょう。当初はある程度集中投資で資金を増やし、増えたら分散投資をするのが良いと思います。リスクは勿論上がりますが、リスクを取らなければリターンは得られません。

なので自分は今のところ最大3銘柄までの保有としてます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

もっと資金が欲しい...

私は100万円を元手に株式投資をスタートさせました。
しかし、元手は多い方が効率が圧倒的に良いと実感しております。当たり前の話ですが、運用が上手くいって資産が2倍になっても元手100万では200万になるだけです。元手が1000万あれば2000万になります。その利益額の差は900万円。同じ利益率でも利益の絶対額は大きく違います。まあ勿論運用資金が上がれば成績もあげるのも簡単ではなくなると思いますが。
自分のセミリタイア目標である22年後に1億を目指すならば、

100万を元手とすると必要な年利は24%です。

1000万を元手とすると必要な年利は11.5%です。

正直24%なんて年利を毎年継続できたら大金持ちになれます。とは言え現実的ではありませんね。
11.5%ならどうでしょう?
FTSEのAll-World indexの円ベースの近20年間の年利が約5%です。アクティブファンドになったつもりで個人投資家の強みを活かし+6.5%の成績を残せるか。やはり簡単ではないでしょうが、24%よりは現実味があります。もともとインデックスを越えようという気概がないならインデックス投資のみやっていればいい話です。

しかし現実は1000万円もの元手はありません。
1億というのが如何に難しく、少ない元手から達成している方々が如何に凄いか分かりますね。

追加資金が欲しい...

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

こどもができて水道光熱費は、、、

今日は生活に密着した水道光熱費のお話です。

昨年末にこどもが生まれて水道光熱費がどのくらい上がるかな〜と考えてました。ここ最近の明細を確認すると、やはり上がっていますね。しかし、予想したほどではなく許容範囲内でホッとしました(*^_^*)
下記はここ2ヶ月の大まかな平均金額です(水道代のみ2ヶ月分)。こどもが生まれる前と後です。

電気代:
約4,000円 → 約7,500円

ガス代:
約2,000円 → 約4,000円

水道代:
約3,600円 → 約4,100円

因みに我が家は2LDKの賃貸マンションです。2016年築のため比較的断熱性がよく暖房使用頻度は少ない気がします。
電気もガスも想定内です。以前はプロパンだったため、都市ガスの安さにはビックリですね。一人暮らし時代のプロパンガス代とこどもが生まれた現在の都市ガス代が同じぐらいの金額...(笑)
最近は電力やガスの小売自由化によりセットで加入するとお得という会社が増えてきてます。賃貸は勝手に契約を変えられないと思っていたのですが、管理会社に聞いたら変えてもOKとのこと、まあ長く住むつもりはないのでいいんですけどね。
驚くべきは水道代です。まだ限られたサンプルでの数字なのであてにはなりませんが、左程上がっていません。確実にこどもを湯船に入れるので水は使っているのですが、分からないもんですね。恐らく2ヶ月スパンでの支払いのため、あまり湯船を使わなかった時期も含んでいるのでしょう。参考にはしない方向でお願いします。

2LDKのマンションだからこれですんでますが、戸建てとかになったら料金は跳ね上がるのでしょう。。。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

不動産の賃料は幾ら?

本日は書籍の紹介です。

マンションやアパートの賃料というのは幾らが適正なのでしょうか?
これに対する明確な答えはなく、相場が自然と形成されているイメージです。もちろん需給で決まると言えばそれまでなのですが、今日紹介する本はこの問いに一つの考え方を提案しています。



『家賃について考えてみたら、収益を上げる方法が見えてきた』(筑摩書房)

〜目次〜
第1章 空室対策の常識を疑ってみる
第2章 数字で見るマンション・アパート経営
第3章 家賃はどうやって決まるのか
第4章 家賃が物件の価値である
第5章 物件の価値を分析する
第6章 実際の事例で考える家賃対策Q&A
 結論 家賃はサイエンスできる

この本で面白いのは査定したい物件を地域の基準物件と比較し、スペックの違いを家賃に反映させているところです。
先ずは築10年で駅徒歩10分の物件を基準とし、その地域で左記の条件の物件はどんなスペックであるかを確認します。
具体的に1Kタイプのマンションで比較してみましょう。

築10年、駅徒歩10分、洋室6帖、脱衣所あり、室内洗濯機置場、家賃6万/月

上記のような物件がこの地域には多いとします。これに対し

築20年、駅徒歩1分、洋室8帖、脱衣所なし、室内洗濯機置場

という物件の家賃を査定するならば、

築10年 → 20年 ・・・ ー1万円
駅徒歩10分 → 1分 ・・・ +5千円
洋室6帖 → 8帖 ・・・ +2千円
脱衣所あり → 脱衣所なし ・・・ ー5千円
室内洗濯機置場 → 室内洗濯機置場 ・・・ ±0

よって、基準家賃6万 ー1万 +5千 +2千 ー5千 ±0 = 5万2千円
という査定になります。
このように様々なスペックの違いを具体的な金額に落とし込んでプラスしたりマイナスしたりします。上記は自分が簡便なものだけ取り上げ大雑把に計算してますが、実際の評価項目はコンロの種類・口数、ロフトの有無、NET設備の有無、敷金礼金の条件、オートロックの有無等、様々なものを評価して実際の査定を計算します。

著者は細かく条件の違いを設定し、それに合わせて±する金額も細かく設定してます。問題はこの値段付けが信憑性があるのかと言う点ですが、著者の20年にわたる客付けの経験とデータから導いたものであり、実際にこれに基づいて家賃設定すると空室は埋まりやすいと言っております。

自分としてはこの家賃査定法が正しいかは良く分かりませんが、今までになかった視点で凄く面白いと思いますし、自分の不動産投資には活かせるのではないかと思います。何より『家賃はサイエンスできる』という言葉、凄くカッコ良くて好きです(笑)


 
  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

投資信託の3月成績

最近仕事があまりに忙しくて定期的な更新が困難な状況です。誰が待ち望んでいるわけでもないので独り言ですが。

3月も相場としてはややジェットコースター感がありました。こういう時は株は神経をすり減らさせるけど、投資信託の積立は気持ちが楽でいいですね。またまた最近iDeCoについて聞かれる機会がありました。浸透していくといいな...

成績です。

投信3月成績

iDeCo成績です。

iDeCo3月成績

通算成績

元本:¥2,115,436
利益:¥601,329
損益率:28.4%

仕事が落ち着いてほしい...


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : インデックス投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー