FC2ブログ

教育資金と学資保険

俗に言われる『人生の3大資金』とは何かご存知でしょうか。

・老後資金
・住宅資金
・教育資金

以上の3つですが、教育資金は子供が居なければ必要はなく『人生の〜』という万人向けのフレーズが適切なのかは個人的にはやや疑問です。
しかし、そんな自分の意見とは裏腹に、金額を考えると教育資金は立派に3大資金の1つです。

今日はそんな教育資金と我が家が加入した学資保険のお話をしていきます。

まずは一般的な教育費は幼稚園から大学まで全て国公立で約760万円と言われています。この中のどこかの過程に私立が入ったら金額はさらに増し、多くの家庭では1000万円ほどになることが多いようです。しかし、勿論1000万円が一気に必要になるわけではなく、段階的に必要になるものを足したら結果的にこの辺の金額になるということです。
そうは言っても高いよなと私は思ってしまいますけど(^_^;)
ですが今は教育無償化の波が来ております。11月20日のニュースでも政府は私立高校の無償化も検討する旨が報じられています。本当にそうなるかは別として、高校までの授業料というのは今後何らかの形で負担が軽減されていくのではないでしょうか。

そのような予測の元、我が家では高校までの教育費は原則月々のキャッシュフローから賄うことにしております。そして最も金額が必要であろう大学資金を計画的に貯めていくことにしました。本当に行くかも分からん大学への資金を今から貯めていくのは不思議な気もしますが、行かないのであれば他のことに使えばいいですし、いざという時に資金がない方が困ります。

よって目標500万!としました。

これは私立理系4年間の平均学費が520万という文科省データからきてます。私立の理系に進学するかは分かりませんが、行きたいと言われた時に困らないようにですね(と言っておきながら医歯薬獣医系は想定しておりません笑)。
ではどうやってこの金額を貯めていくかというのが今回のポイントです。前置きが長いですね。。。
以下に代表的な選択肢と個人的な見解を述べます。

○預金(普通・定期)
何と言っても安心・安全が魅力。銀行破綻のリスクはありますが、1000万以内は預金保険制度の対象です。しかし低金利の現在もらえる利子は雀の涙、地銀・ネット銀行の定期預金には金利が幾分良いものもありますが、雀の涙がカラスの涙になったくらいです。

○個人向け国債
これは日本国政府が発行しているので信頼感は抜群、しかも低金利下でも最低保証利率0.05%!現在のメガバンク定期預金金利が0.01%とかで比較すると個人向け国債は有利です。しかも1年経つと中途換金も可能です。
しかし個人的にはこれもカラスの涙ですね。しかも税金抜かれたら0.039%ですし...

○学資保険
ひと昔前は利率も悪くなく、保険機能も付いており余計な特約等を付帯せず利回りだけ追求すれば悪い商品ではありませんでした。しかし本年4月に各社が予定利率を引き下げたことによりほぼリターンは期待できなくなりました。一歩間違えば元本割れ、途中解約しても元本割れです。預金保険制度の対象でもないので倒産リスクもあります。唯二の利点は契約者が亡くなったら払い済みとなって満額もらえること、生命保険料控除が受けられることですかね。でもそれなら普通の生命保険でも良い気がします。よって現在は雀の涙でしょうか。

○ジュニアNISA
これはどうやって運用するのかにもよりますが、教育資金として見た場合はハイリスクハイリターンです。インデックス投信をドルコスト平均法で運用したとしても、実際に資金が必要になる時期の相場は予測はつきません。18年間あればプラスのリターンを期待できる可能性はあり、上記3つの方法より利回りが良い可能性もあります。これを活用するなら10〜18年の間でプラスがそれなりに出ている時期に売却する方が良いと思います。また高校3年の12月31日まで払い出し制限があり、お金が必要な時期におろせないリスクがあります。よってイメージは鷹の涙ですかね、ただ鷹の涙をゲットするには鷹と戦わないといけないわけで...


結局のところ、これが絶対的にお勧めというのは無いんですよね。そんな中、我が家が選択したのは学資保険です。雀の涙をゲットしに行ったのかというと、そうではなく加入した2017年9月の時点で比較的利率が維持されているソニー生命学資保険Ⅲ型に加入しました。とにかく返戻率重視なので10歳払込み、年払い、妻が契約者という条件で加入し返戻率117%です。決して良い返戻率とは言えませんが、贅沢も言えない状況ですからね。この学資保険で目標額の半分ほどを賄い、後の半分は流動性重視で預金にします。最近は外貨建ての学資/生命保険で返戻率をあげる商品が目立ってきましたが、為替リスクを負うことになるので教育資金の用意としては個人的には却下です。

まとめとして、教育資金準備というのは、

1に安全性、2に流動性、3に利回り

というのが個人的な結論です。
長々と失礼しました。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : お金の勉強 - ジャンル : 株式・投資・マネー

投資信託の運用方針

投資信託での目標は資産2000万円を55歳までに確保することです。
これを達成すべく2011年秋から3万円ずつ定額積立してきました。いわゆるドルコスト平均法ですね。
アベノミクスや世界経済復調の波にも乗り、ここまでは順調にきております。ずっと同じファンドを積立てきたかというとそうでもなく、NISA、iDeCoの導入や如何せん影響されやすい性格のせいか、本や雑誌を読み度々変更してきました。
そしてやっとこさ6年目にして方針が固まってきました。

目標:55歳までに評価額2000万円以上!

戦略:国際分散積立投資
   外国株、外国債券、金のインデックスファンドに分散投資
   日本株はアクティブファンドに投資

目標アセットアロケーション及び期待リターン
投信理想PF

アセットアロケーションとは上記のように各アセット(資産)クラスをどのような割合で保有して運用するかを表したものです。投資の世界ではこのアセットアロケーションが運用成績の8〜9割を決定すると言われてます。つまり最も時間を使って考えるべきところですね。

因みに上図は『my INDEX』というサイトで試算して頂いた自分の目標とするアセットアロケーションです。このサイトは非常に便利で使いやすく、各アセットクラスの割合を入力すると、そのアセットアロケーションで今月までの20年間運用した場合の過去の平均リターン、リスク、シャープレシオを弾き出してくれます。
GPIF等が公表しているアセットクラスごとの期待リターンを元にしても良いと思いますが、自分は実績データの方が好きですね。

アセットロケーション:特定口座 → NISA → iDeCo と変遷中

ファンド
○先進国株 たわらノーロード 先進国株式(iDeCoで積立開始)
○日本株 結い2101(日本株の残高が多いため積立休止中) 
○新興国株 eMAXIS Slim 新興国株式(NISAで積立中)
      インデックスファンド海外新興国株式
         (上記eMAXISからiDeCoファンドへの変更検討中)
○先進国債券 eMAXIS Slim 先進国債券(NISAで積立中)
       たわらノーロード 先進国債券
         (上記eMAXISからiDeCoファンドへの変更検討中)
○金 ステートストリート・ゴールドファンド為替ヘッジあり(iDeCoで積立中)

リバランス:売買ではなくアセットごとの積立配分で年1回リバランス


以上が基本方針となります。
年利5%以上で運用できれば2000万円は超える計算です。
しかし昨年末時点でののアセットアロケーションは理想とは違い下記のようになってます。
因みに濃い緑の領域は日本国債で2%です。

投信PF16年末

と言うわけで年初からリバランスを試みて積立配分を変更してます。
しかし、中々変動もあって理想には到達しないですね(笑)
現在の残高等はまた別の機会に載せます。

と言うわけで投資信託の運用方針でした。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

現在の保有株PF

今年初めの時点で保有していた株は

優待目的
・パーク24(東1)
・ひらまつ(東1)

悪材料からの上昇狙い
・三菱自動車(東1)

友人の勧め
・シライ電子工業(JQS)

何となく保有していたこれらの株を5月までに全て売っぱらい、改めて100万円を元手にポートフォリオ(PF)を組みました。
因みに売却したシライ電子が9月下旬から急騰し始め、現時点までで約2.8倍になっています。売らなければよかった〜(T_T)と思ってしまいますが、まあ何も考えずただ人に勧められて買っただけの株なので、顛末としてはこんなもんでしょう。

そしてディーツ法・修正ディーツ法を勉強したことにより8月から成績を記録するようになりました。
投資スタンス等はまたどこかで記事にしたいと思っておりますが、今回は8月からの成績を一気にハイライトします。

尚、各銘柄の1ヶ月の株価の推移を【月次株価増減】、平均購入単価からの増減を【損益】、キャッシュ含んだPF全体の時価総額を8月1日を10000として【PF基準価格】記載してあります。

8月成績
17年8月成績

TOPIXの-9,990は9,990の間違いです。

9月成績
17年9月成績

9月は急騰したグリムスを一度利確し、再度INしています。

10月成績
17年10月成績

9月末はグリムスが1:1.5の分割を実施してますので10月から分割後の株価で表記してます。

11月初めのPFです。
11月の月初PF

ここまでは順調だったのですが、、、
去る11月15日、相場の調整とグリムス、リファインバースの決算が重なりました。
リファインバースの決算はさておきグリムスの決算はむしろ良かったのですが、大きく下落しました。
15日のみの動きです。

グリムス -13.8%
リファインバース -15.19%
イーグランド -0.82%
PF全体 -9.7%

やはり最初から上手くいくことばかりではないですね。
ここでこの銘柄をどうするかという話ですが、資金が少ない人間にとって塩漬けは資金効率が悪く損切りが推奨されるケースが多いと思います。
しかし自分としては決算の内容にも納得がいっており、買いの理由も崩れていないためホールドです。日経平均の調整に巻き込まれ事故を起こした感も否めないですしね。ここいらの判断は個人の投資スタンス次第だと思います。

ということで現在のPFの話でした。







にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

個別株投資のこれまでの経緯

一旦調整が終了し再度上昇し始めている日経平均ですが、この3ヶ月素晴らしく上昇しています。これにあやかりたい所ですが、自分が持っている銘柄はというと反応が薄いです。それどころか一昨日は大暴落で大きく資産が減少しました。外国人投資家の買いによる上昇だと新興市場にお金は流れてきづらいのでしょう、一昨日までの調整を機に個人がどんどん参加してほしいですね。

それはさて置き

自分が初めて株を購入したのは2011年の秋です。投資信託の積立をしようと証券口座を開き、そのついで程度に個別株も幾つか購入しました。しかし当時は民主党政権、ユーロ危機の真っ只中、勿論たいした勉強なしに勝てるはずもなく、ちょっと儲かっては損してを繰り返してました。

アベノミクスが始まり相場全体が上昇局面に入ると、買った銘柄が上昇することも増えましたが、それでもたいした儲けにはならず、徐々に興味を失い個別株投資からは遠ざかっていきました。時折、優待目的で購入することはありましたが、優待を取ろうと株を買って権利落ち日に優待と同程度の下げをくらっている有様でした(^_^;)

転機となったのは今年に入って愛読雑誌の日経マネーで、成功している個人投資家の話を聞く記事が増えたことです。成功している人たちはここまで勉強して考えて投資しているんだということに驚きました。以来、関連書籍や億万投資家さんのブログを読んんだり勉強を始めつつ、最悪失ってもいい100万円を元手に再度相場にINしました。

このブログもその勉強の一環で行ってます。
個別株投資については0からの出発だと思ってますので、損ばかりしてる状況をお伝えすることになるやもしれません。
ですが、目標は大きく持たないといけませんので、、、

目指せ1億円!!

一度言ってみたかったんです(^∇^)ノ
目指すだけなら自由ですから、とりあえず頑張ってみます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用の基本戦略

資産運用には様々あります。
個別株、投資信託、不動産、貴金属、ソーシャルレンディング、貯蓄性保険etc
どれを選択するかは個人の自由ですが、前提条件として興味を持ってしっかり勉強できる運用法を選ぶことが大切だと思います。好きこそ物の上手なれですね。

運用戦略には期待するリターンや取れるリスク等を計算すべきとは思いますが、そこまで頭が良くないのでシンプルに考えることにしてます。自分の基本戦略は以下です。

元本保証資金:銀行預金(1年分の基本生活費は最低確保)

コア運用:不動産投資(実質利回り4-5%)
     投資信託の国際分散積立投資(年利5%)

サテライト運用:個別日本株投資
        (現状は余剰資金100万円をどこまで増やせるか)

この3つに大まかに分けて運用していく方針です。
コアサテライト戦略におけるコア部分は安定運用と定義されるようで、はたして借金をする不動産投資はコア運用なのかというツッコミが聞こえてきそうですが、、、自分の中では不動産投資は安定したインカムゲインを得る投資として位置付けているのでコアとします。
投資信託についてはアセットアロケーション次第でコアにもサテライトにも成り得ると思います。

サテライト部分は積極運用と定義されるようで、まさに自分の中では個別株投資です。あくまで0になっても困らない資金を用いてどこまで増やせるか。まあ言ってしまえばゲーム感覚です(笑)

コアとサテライトの資産配分も重要と思いますが、不動産投資は月16万の家賃収入を目指す、投資信託は残高2000万を目指す、個別株は元本100万のみ(現状)、これの達成に計算上必要な資金以外の余剰金は銀行預金とするというのがシンプルで分かりやすくて良いかと思ってます。リスクの話はまたそのうち。

しかし、その目標は簡単ではなく先ずはサラリーマンとして給料を上げなければ・・・にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : お金の勉強 - ジャンル : 株式・投資・マネー

お金の勉強をして目指すところは・・・

『お金は手段であって目的ではない』
よく言われるフレーズですが、ではその手段を駆使して何を成さんとするのか。
人によって様々だと思いますが、自分の場合は下記が柱となる目標です。

最低限の目標:家族がお金を理由として選択肢を制限されないこと

最大限の目標:55歳でセミリタイア(仕事は2-3回/週)
       そして年1回の海外旅行と年3回の国内旅行

選択肢とは、単なるワガママ、意味のない贅沢や壮大すぎるものは勿論含みません(^_^;)

そして最大限の目標を達成するためには個別具体的なプランが必要です。
セミリタイア後は幾らの収入(フロー、ストックの取り崩し)と支出を見込むのか、その収入を得るためにどう資産運用を行うのかなどを考えます。予定は未定であって絵に描いたモチでも初めは良いと思ってます。

55歳〜年金支給年齢
フロー収入(月)    :給与 24万(2人分) + 家賃収入 16万
ストック(55歳までに):投資信託残高 2000万 + 保険返戻金 700万
                           + 株 ?万 + 預金 ?万

年金開始後〜
フロー収入(月):年金 20万 + 家賃収入 16万

基本生活費はフロー収入の範囲で賄い、旅行等の特別支出はストックを取り崩すイメージです。
こんな上手くいく保証はどこにもないですが大雑把なプランでいいんです。

これが達成されれば仕事も程々に楽しみつつ趣味に生きるという生活が送れるかもしれません。しかし、その前にマイホームやら子供の教育費やらクリアしなければいけない課題は山積しています(笑)
さて皆さんはお金を手段として何を目指しますか?

今後は具体的な資産運用の話、しょうもない成績の公開もしていきたいと思ってます。





       にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : お金の勉強 - ジャンル : 株式・投資・マネー

お金の勉強を始めるきっかけ

お金のことを考え始めるきっかけは人それぞれだと思います。
もともと興味がある人もいれば社会人になり給料をもらって、或いは結婚、子供ができたことをきっかけに真剣に考え始める人もいます。
遅かろうが早かろうが、興味を持った今、始めることが重要だと思います。

自分の場合は東日本大震災の後の品薄がきっかけでした。
あのとき、1週間ほどコンビニなどからパンや弁当などの食料品が消え、ガソリンスタンドには長蛇の列が出来てました。
当時一人暮らしでコンビニ弁当暮らしの自分には大変なことでした。

これはお金があったって商品がないのでどうしようもないですが、要は不測の事態があった際にお金というのは一助になるということです。
そう思い勉強を始めると、お金を知ることは人生を豊かにすることに通じるということが良く分かります。お金に振り回されない人生にするためにお金の勉強をする、不思議なものですね。

日本はマネー教育において後進国と言われますが、いつか義務教育課程の中にお金の授業が入ることを願ってます。

とりとめのない話で申し訳ないです。

『お金では幸せは買えない。だが、お金は、あなたが不幸である間、
                     何不自由ない生活をさせてくれる』
                        
                        〜クレア・ブース・ルース〜




にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : お金の勉強 - ジャンル : 株式・投資・マネー

初めて記事を書きます

こんにちは。
兼業投資家の柚吉です。
『投資家』と名乗るのもおこがましいレベルですが投資をしていれば『投資家』ということでご容赦ください。

初めてブログを書きます。
と言うのも、幾人かの億万投資家さんのブログを拝見してると、成績や自分の考えを公開することは自身の成長につながり、投資のパフォーマンスも向上する要因になるとのお話がありました。
それではと一念発起し、IT音痴ではありますがブログを開設した次第です。
そう、言うなれば自分の勉強のためです・・・。
それでも、いらして頂いた読者の方々にとって少しの発見でもあれば幸いと頑張ってまいります。


当ブログでは株式・投資信託・不動産投資などはもちろん、保険や節約などお金に関わることを広く題材として扱っていきたいと思います。

初めに当ブログでは各種銘柄・ファンドや投資法について自身の見解を述べることもあるとは思いますが、決して実際の売買を推奨するものではありません。実際の投資行動についてはご自身の判断で行って頂くようお願いします。結果についても責任は負いかねますのでご了承ください。

まあ自分のブログより素晴らしい情報を与えてくれるブログが世の中には多くありますので、心配ないですね( ^o^)
今後は週1〜2回の更新を目標に頑張っていきますので宜しくお願い致します。



にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村