FC2ブログ

国際分散積立投資の3月成績(2021)

国際分散積立投資にとっては3月も堅調な月でした。

全体相場が堅調な中なのに自分の個別株投資が上手くいってない現在、良好な相場の恩恵を受けられるインデックス投資は心を癒してくれます。
投資に時間を割けない人、相場の上下に一喜一憂して心落ち着かない人、それでも投資するという道を歩みたい人にとってインデックス投資はやはり最適解の一つだと思います。それを土台として更なる飛躍を個別株投資で頑張ろうと改めて考えた一ヶ月でしたね。

成績です。

投信3月成績①
投信3月成績②

iDeCo成績です。

iDeCo3月成績


元本:¥4,615,602
損益:¥1,690,609
損益率:36.6%


2月末に605万円だった運用資金が、3月末は630万円となっています。
このままで行くと、大きく相場が崩れなければ運用資金700万越えの報告も今年中にできるでしょう。下落してその報告をできなければ、それも又よし。良い仕込みどきが来たという証拠です。
どちらに転んでも心穏やかでいられるのが国際分散積立投資ですね。

粛々と積立ましょう。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : インデックス投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

3月の株成績(2021)

3月も2月に引き続き厳しい一ヶ月となりました...

先日の記事でも触れたように景気敏感株、バリュー株優位の展開を意識して『三菱UFJフィナンシャルホールディングス』を新規購入しました。ちょっとずつ購入していき、現在は約50万円分を保有しています。
これが奏功しているかというと、そうとは言えず、今のところ可もなく不可もなく今後の展開次第かなというところです。でも、今までと違い、慣れた成長株以外にも一歩踏み出したということが非常に重要だと思っています。

しかし、相場は堅調です。
日銀のETF買い入れが日経平均からTOPIXに変更したことにより、もっと下落するかと思いましたが、案外そうでもなく配当権利落の影響もあまりありません。
この堅調さの恩恵を私のPFにも欲しいものですが、3月も成績はパッとしないどころか、またしてもTOPIXに大きく水を空けられています。我慢の展開ですね...

成績です。

3月株成績

3月末PFです。

3月末PF

vsTOPIXです。

3月vsTOPIX


3月:0.6%
年初:-2.3%
累計:156.77%


2月に下落したスタメンとメンバーズは揃って上昇したものの、上昇幅は微々たるものであり下落分を全く取り返せていません。
『交換できるくん』が上昇基調となった今、昨年12月IPO銘柄で上場以来下落の一途をたどっているのはスタメンくらいのものです。ここまで良いところ一切なしです。しかし、自分で選択した道ですので愚痴を言ってもしょうがないです。
今月こそは反発することを祈りながら見守っていきます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

3月の優待PF成績(2021)

早いもので新年度入りですね。株式投資も心機一転頑張りたいものです。

しかし、最近は仕事がかなり忙しくブログを落ち着いて書く暇がありません。更新頻度も減少しており良くない流れですね。
さて3月の優待株たちは権利取りに向けて上昇を描き、比較的順調に推移しました。権利落ちが怖いところでしたが、30日は意外に下げないな、、、なんて油断していたら31日、1日と結構な下落となっています。飲食株は緊急事態宣言が明けて上昇かと思ったら、今度は【マンボウ】に水を差された感じですね。
それでも3月で見れば16銘柄中13銘柄が前月比で上昇(新規2銘柄除く)しており、含み益も40万円代から60万円代まで来ています。どれも利確基準には満たないので、4月は一旦評価額を減らしそうですね。

3月の成績です。

3月優待PF成績
因みに優待PFの運用開始は2018年7月です。


含み損益:¥618,800
累積配当:¥66,239
累積優待:¥187,036
累積確定損益:¥334,450


3月は既に記事にもしていますが『パピレス』と『アトム』の2銘柄を新規購入しています。
パピレスは良いところで購入できて、毎年大きい権利落ち日の下落ですが、含み益状態を維持できております。一方のアトムは売出後の下落を狙いましたが、僅かながら含み損です。しかし、金額は小さいですし、何といっても今後『大戸屋』でアトム優待が使用できるのではないかという期待感があります。何ならもう一名義での購入も検討中です。

今月は竹本容器から素敵な容器入り優待が届く予定です。首を長くして待ってようと思います(笑)

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

国際分散積立投資の2月成績(2021)

世界の相場は上昇・下落どちらに触れるのか分からない感じになってきました。

大きく下落したかと思うと直ぐに反発、大きな流れでは上昇トレンドですし、結局は各国の金融緩和が終了しない限り持続的な暴落は来ないのかもしれません。
しかし、そもそも国際分散積立投資には相場を予測する意味は無いですし、どんな展開になっても粛々と積立をするのが唯一の最適解です。ただし、その根底にある世界経済は長期的に見れば成長していくという見通しを信じているのが大前提です。

とはいえ2月末のような暴落があれば、そのタイミングで積立実行、或いはスポット買いしたくなりますよね(笑)

成績です。

投信2月成績①
投信2月成績②

iDeCo成績です。

iDeCo2月成績


元本:¥4,536,946
損益:¥1,517,365
損益率:33.4%


損益率は昨年11月以来のいい数字ですね。
また、既に先日記事にしましたが運用資金が600万円を超えてきました。良いペースで資産が積み上がっています。またコロナショック時のように資産が目減りする下落が必ず来るはずですが、心落ち着け積立を継続しようと思っています。

金が下落してきましたね...


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : インデックス投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2月優待PF成績(2021)

先日の『目指せ1億PF』成績の記事では、あまりの無残さに取り乱してしまいました(笑)

しかし『優待PF』は相場上昇の恩恵もある程度は受けられ、含み益も拡大してくれました。まあ優待・配当もらいながら長期保有が目的ですので、短期的な含み損益の変動は気にしてはいないのですが、含み益増えた方が気分は良いですよね。
2月のみの増減で見ると16銘柄中、10銘柄が上昇、5銘柄が下落、新規1銘柄でした。個別で見ると飲食株が決算を受けて下落しており、好決算だった千趣会、テンポイノベーションや大型株相場の恩恵を受けたKDDI、オリックスが上昇しました。

『目指せ1億PF』の辛さを『優待PF』と『国際分散積立投資』で紛らわすという構図が出来つつありますね。
3月はどうなりますかね?このまま調整かリバウンドか?

では2月の成績です。

2月優待PF成績
因みに優待PFの運用開始は2018年7月です。


含み損益:¥486,450
累積配当:¥59,504
累積優待:¥164,100
累積確定損益:¥334,450


2月は既に報告したように『ビーグリー』を決算後の暴落で100株×2名義購入したのですが、その後もずるずる下落していき含み損が広がってしまいました。そのため100株だけ売却し、1月に売却した西松屋の利益と損益通算して少し還付を受けました。また折を見て再購入しようと思います。
あと2月はヤマダ電機が優待改悪したため全て売却しております。購入後も狭いレンジでよこよこでしたが、最終的には微益撤退となったため優待・配当分も鑑みれば十分な利益を出してくれたと思います。

最近優待の改悪や廃止が多くて嫌ですね。
優待は株式投資におけるオアシス的な存在なので、是非続けて欲しい誇るべきガラパゴス文化だと思います(笑)


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー