FC2ブログ

自動車保険を切り換えました

久々に保険の話題です。

現在我が家は軽自動車を1台保有しておりますが、これは妻が独身時代から乗っている車であり、自動車保険もそのまま継続しておりました。妻は実家の車が入ってたA損保(注:Aに意味は無いです)でそのまま契約し、そんなに保険料は意識せずにいたようです。

自動車保険を決めるポイントは何でしょうか?

価格.comの自動車保険比較では比較項目として、保険料・補償内容・顧客対応・事故対応が挙げられてました。
この中で一番自分が重視するのはやはり保険料です。もちろん補償内容が自分の希望に合致した上での保険料ですが、自分は補償内容は多くは望んでおりません。どの損保のプランも対人対物無制限、自損事故保険、無保険者傷害保険は付いており、あとは各種特約をどうするかですが、個人的にはどれもいらないのではないかと思います。車両保険もいりません。かろうじて?自分は搭乗者傷害保険だけ付けました。いろいろ特約を調べると各種補償が被ってるものが多くあると思いますし、自分が入ってる生命保険や医療保険の保障内容とも被っているケースがあります。この辺をしっかり把握して契約する必要があると思います。但し個人賠償責任保険に入ってない人は、この特約だけは付けるべきです。
また顧客対応や事故対応は良いに越したことはありません。ですが、保険はそもそも起きる可能性は低いが、起きてしまったら個人では賄えない金額を補償することが基本です。起こる可能性の低い事故にたいして、保険料より重視して対応の良さを求めようとはしません。まあこれは事故を起こしたことが無いから言えることかもしれませんが...

と言うわけで、保険料を重視し保険会社を切り換えました。もともと妻の自動車保険の補償内容は結婚前に自分がアドバイスして契約したものなので、補償内容は一緒で等級だけ一つ上がっただけです。それでもA損保で継続契約すると年間25,680円で新しく選択したSBI損保では年間15,010円です。その差1万円、一体何の違いなのか(^_^;)

保険への考え方は人それぞれなので何が良いかは一概には言えませんが、保険料重視の人は今一度見直してみてもいいかもしれませんね。


しかし、安くなったのはいいのですが子供が生まれてからチャイルドシートを付けたのもあって、軽自動車では手狭です。ファミリーカーが欲しいと思う今日この頃、そうしたら結局保険料は上がる...

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : お金の勉強 - ジャンル : 株式・投資・マネー

個人賠償責任保険について

今日は保険のお話です。

そもそも保険というのは、起きる確率は低いが起きてしまうと多大な損害を受けるものに対して、皆で備えようという相互扶助の仕組みです。起きてしまっても対応出来る財力があれば保険なんてものはいらないわけです。ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットが生命保険や損害保険に入ってるか聞いてみたいところですね(笑)

さてそんな起きたら多大な損害を被る中で最近話題になっているのが自転車での事故・賠償金です。近年の判例で自転車事故での賠償金として1億弱の判決が下ったことがありました。こういった事例もあり私が住んでいる埼玉県では自転車保険の加入が義務化となりました。

自転車保険 埼玉

自転車保険とは加害者となった際の個人賠償機能と自らの怪我に対する傷害保険機能がセットになったものです。
このうち個人賠償機能は非常に重要です。自転車事故は勿論ですが、その他にも様々な日常での事故を賠償してくれます。ペットの犬が他人を噛んでしまったり、他人のものを壊してしまった場合などですね。これは自転車に乗る人のみならず世帯に1つは契約しておくべきマストな保険と考えます。
一方、傷害保険の機能については個人で医療保険に入ってる人には必要ないと思います。自転車保険の傷害保険機能では、当然ですが自転車事故でのケガしか補償してくれませんが、だいたいの医療保険ならケガ・病気も対応です。どっちじゃないといけない、ってわけではないですが両方入って補償が被ることが損だと思いますので注意が必要です。また、そもそも日本の健康保険制度は優れており高額療養費制度もあるので医療・傷害保険自体が不要という考えも正当性があると思います。

なので自分は一般的な自転車保険ではなく個人賠償責任保険に加入しております。因みに商品は『JCBトッピング保険 日常生活賠償プラン』です。これはJCBカード会員のみが加入できる保険で、個人賠償責任補償が1億円、交通事故に起因する死亡・後遺障害に100万円(これは別にいらんが...)が補償されるのもで月額150円となります。
非常に良い保険なのですがJCBの特定の種類のカードを保有していないと入れません。なので年会費の高いカードばかりかと思いきやそうではなく、『JCB EIT カード』という永久年会費無料のカードがあります!!
これはリボ払い専用カードという鬼のようなカードです(笑)、がしかし金額設定できるので設定額を上回らなければ問題ありません。

結論としては個人賠償責任保険はマストで入ったほうが良い。後は医療保険との兼合いで自転車保険を選ぶのか決めれべよい。注意すべきこととしては既に自動車保険や火災保険等の特約で個人賠償補償が付いている人がいるので被らないように確認しよう。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー