FC2ブログ

2019年の積立計画!

先日2018年末時点のアセットアロケーション(AA)を記事にしました。
正直、理想としているAAには程遠くリバランスが必要な状況です。しかし、売却すると税金もかかりますし損益の計算も面倒になりますので、所謂ノーセルリバランスで行こうと思っています。

まずは2018年末のAAのおさらいです。

2018年末AA

そして目標としているAAです。

理想AA

いかにかけ離れているかが分かると思います。
積立を始めたばかりでAAという概念も乏しかった頃、日本株に偏っていたことが原因ですね。
これを考慮し今年の積立額・割合は以下のようにします。

2019年 積立割合

この積立割合で1年後にどうなるかは予測できません。そんなに細かく考えず日本株多すぎるから中止して先進国株足りないから多めにしてくらいの感覚です。積立の長期投資は細かく考えすぎずこれくらいで良いと思っています。

次に具体的な商品です。

iDeCo口座
たわら先進国株 23,000

iDeCo口座(妻)
eMAXIS Slim 新興国株 6,900
ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり) 16,100

つみたてNISA(妻)
eMAXIS Slim S&P500 10,000
eMAXIS Slim 先進国株 4,000

計60,000円の積立です。

自分はつみたてNISAではなく元々通常NISAを使用しており、そこでは個別株を運用しています。
本当は先進国株はeMAXIS Slimシリーズに統一したいのですが、楽天iDeCoは取り扱っていないのでたわらシリーズを積み立てています。
何故にS&P500?と言われそうですが、これはちょっとしたスパイス的な遊び心です。これがあることでそもそも理想AAと合致したものは作れなくなります。しかし細かいことは気にせず先進国株というくくりで考え、最強INDEXを個別に組み込む楽しさを味わいたいと思っています。

なんか抽象的な理由ばかりでちっとも科学的ではないですね。
でもいいんです。
ある程度分散して長く積立を継続さえすれば(^∇^)


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : インデックス投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018 に投票しました。

今までもずっと結果は見てきましたが、ついに初めて投信ブロガーが選ぶFOYに投票しました!

ブログを開設して1年の節目の月に投票できたことを嬉しく思います。

記事の多くは個別株ですが、あくまでコア運用は投資信託ですので投票権はあるものと信じてます。


どのファンドに投票しようか中々に迷っていたのですが

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(セゾン投信) 2point

結い2101(鎌倉投信) 2point

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) (三菱UFJ国際投信) 1point

という配分にしました。
セゾン投信と鎌倉投信は自分が投資を始めた2011年に初めて購入したファンドです。セゾンGBFは1本で世界中の株式と債券に分散投資できるものでバランス型を一つ挙げるならこれです。結い2101は理念先行型の印象を持たれますが、ここ最近のような下落相場で力を発揮してくれます。eMAXIS Slim S&P500は世界最強のインデックスを日本最強の手数料のファンドシリーズが新規設定してくれました。

素晴らしいファンドとFOYの運営委員に感謝。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : インデックス投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

債券の積立投資を止め、S&P500の積立を開始

現在iDeCo及びNISA口座で積立している投資信託には『eMAXIS Slim 先進国債券インデックス』が唯一債券ファンドとしてあります。過去にはセゾン投信のバランスファンドを積立していたためポートフォリオの中には日本の国債も少しあります。

これらのファンドの積立を終了したため、積立中のアセットクラスは株式と金のみとなりました。

債券に期待していたこととしては株の下落に対するバッファーです。しかし、以前の金投資の記事でも書いたように先進国債券と世界株式の間には強い正の相関があり、唯一弱い負の相関があるのが日本国債ですが、限りなく低金利で価格変動も少ないので、良いと言えば良いのですが、何かわざわざ積立しなくてもと思ってしまいます。

相関係数
世界株 相関係数

そう考えた時に、自分は株式・投資信託等のリスク資産と現預金等の無リスク資産(正確にはリスクはあるが...)はだいたい1:1の割合で保有しているので、バッファーは資産全体で見て現預金で良いんじゃんと思いました。リスク資産はしっかり期待リターンの高い株式を選択し、リスクコントロールは無リスク資産との割合で調整する。
では金はと言うと、、、あまり意味が見出せないですね。ただ株式と相関がないので、次の暴落が来た時にどうなるか見てみたいのもあり保有継続しようと思います。リーマンショックの際は一時的に下落したものの、金融緩和の恩恵もありいの一番に回復していました。次回はどうなるでしょう。


というわけで空いた積立枠を使って今月新しく設定されたeMAXISシリーズの『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』を積立ようと思います。
先進国株式は既に積立てはいますが、ご存知S&P500は最強インデックスです。なので先進国株式を積立てる中でも特に歴史的にリターンを期待できるS&P500を上乗せして積立ようと思います。
もちろん大きく下落もあるでしょうが、積立投資は下落相場が利益の源泉になり得るんだし良いじゃないですか(笑)

S&P500 40年対数チャート
SP500 40年チャート

《出典:macrotrends》


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : インデックス投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

鎌倉投信の運用報告会に行ってきました。

鎌倉投信は『結い2101』というファンドを運用している会社です。

過去にも鎌倉投信については、その特徴や方針を当ブログで紹介させて頂きました。今回は運用報告会に初めて参加しましたので、概要を簡単に記します。

内容を端的に言うと、リスクコントロールと投資先会社の紹介が主なものでした。鎌倉投信はいい会社に投資し、その会社がいい会社である限り持ち続けるという方針です。凄く哲学的なところに主眼が置かれている印象で、それが批判の的になったりもしますが、実は緻密にリスクコントロールをしている科学的な部分も勿論持っており、それが今回確認できました。

・5年リスク10%を大切にしており短期リスク(100日)、中期リスク(250日)の推移を見て株式の組み入れ比率を調整している
・基準価格と簿価ベース基準価格(企業の解散価値:下値の目安)との乖離率を20%以内に収めるよう管理している
・現在、上記乖離率が20%を超えており、日経VIやVIXの導入も検討している
・ファンドの組み入れ業種は一業種あたり20%以内としている
・ファンドの組み入れ銘柄は一銘柄あたり1.2%以内としている
・これらを達成するため殆ど毎日売買をしている

鎌倉投信が暴落へのヘッジとして日経VIやVIXの購入も検討していると言うから驚きです。まさか鎌倉投信の運用報告会で日経VIやVIXという単語が出てくるとは思いませんでした。また、いい会社の株を持ち続けると言っても、リスクコントロールのために毎日売買していると言うのも面白いですね。
この哲学的なところと科学的なところが共存しているのが鎌倉投信のいいとこですね。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

マネックス証券の口座開設しました

マネックス証券の口座を私ではなく妻が開設しました。

正しくは私が妻に開設をお願いしたと言うことになります。この目的としては妻にもiDeCoを始めてもらい、夫婦での資産形成のスピードを上げていこうというものです。まだ育休中ですので、復職して給与水準が戻ってからにしようとは思いますが、証券口座開設のみ済ませてしまいました(iDeCoは必ずしも証券口座を開かなくてもいいです)。

iDeCoをどの証券会社でするか、個人的には運営管理機関手数料と商品ラインナップで決めます。まずは運営管理機関手数料が無条件で無料の証券会社は以下です(銀行や保険会社でiDeCoする気は皆無です)。

・楽天証券
・SBI証券
・マネックス証券
・松井証券
・大和証券

しかし運営管理機関手数料が無料の証券会社が増えましたね。個人投資家にとっては嬉しい限りです。
その中でeMAXIS Slimシリーズを多く扱っている証券会社を選びました。これは私がもともとeMAXISを積立ていたことと、eMAXIS Slimシリーズは『業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続けるファンドシリーズ』と運用会社自身が表明していることです。アクティブファンドを選ぶ方はまた違った基準になるでしょうけど、インデックスファンドを選ぶのであれば信託報酬を他より安く更新し続けることを目標とするeMAXIS Slimシリーズで良いでしょうという話ですね。そうなると選択肢は以下です。

・マネックス証券
・松井証券

こうなってくるとiDeCoの視点ではどちらでも良いかなと思います。あとはIPO取り扱い数が比較的多くて100%完全平等抽選という素晴らしい行いをしているマネックス証券を選ぼうとなった次第です。しかしIPOは都市伝説かというくらい当選しませんね(^_^;)
自分は実は楽天証券でiDeCoをしてますが、開設当時は運営管理機関手数料が無条件で無料の会社はなく、楽天証券が一番無料になる条件が緩かったです。また当時セゾン投信を積立ていたのと楽天ユーザー (楽天カード、楽天モバイル、楽天銀行)だったのもあり楽天証券で始めたというわけです。

iDeCo口座を選ぶ基準は人それぞれで良いと思います。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : インデックス投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー