FC2ブログ

きちりHDから優待頂きました ハンバーグが美味い!

3月に入って初日に『きちりHD』から株主優待券が届きました!

2月末日の暴落から1日は反発しましたし、月初幸先良いスタートとなりそうですね。

20210302145620a16.jpeg

きちりの優待は自社運営店舗で使用できる3,000円分の優待券を100株保有で1枚、500株保有で3枚、年1回頂けます。
きちりは居酒屋業態がメインですが、私が利用するのは専ら『いしがまやハンバーグ』です。比較的リーズナブルな値段で美味しいハンバーグが食べられ、且つ近くのショッピングモール内に店舗があるため重宝しています。

いしがまや
<きちりHPより>

しかし最近になって、同じショッピングモール内にきちりが運営する『3 Little Eggs』があることが判明しました。
オムライスの店で写真を見ていると非常に美味しそうですので、試しに1回行ってみたいですね。

オムレツ
<きちりHPより>

きちりHDはコロナ禍で非常に苦しい状況ですが、非常事態宣言も解除されそうですしここから巻き返して欲しいと思っています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2月優待PF成績(2021)

先日の『目指せ1億PF』成績の記事では、あまりの無残さに取り乱してしまいました(笑)

しかし『優待PF』は相場上昇の恩恵もある程度は受けられ、含み益も拡大してくれました。まあ優待・配当もらいながら長期保有が目的ですので、短期的な含み損益の変動は気にしてはいないのですが、含み益増えた方が気分は良いですよね。
2月のみの増減で見ると16銘柄中、10銘柄が上昇、5銘柄が下落、新規1銘柄でした。個別で見ると飲食株が決算を受けて下落しており、好決算だった千趣会、テンポイノベーションや大型株相場の恩恵を受けたKDDI、オリックスが上昇しました。

『目指せ1億PF』の辛さを『優待PF』と『国際分散積立投資』で紛らわすという構図が出来つつありますね。
3月はどうなりますかね?このまま調整かリバウンドか?

では2月の成績です。

2月優待PF成績
因みに優待PFの運用開始は2018年7月です。


含み損益:¥486,450
累積配当:¥59,504
累積優待:¥164,100
累積確定損益:¥334,450


2月は既に報告したように『ビーグリー』を決算後の暴落で100株×2名義購入したのですが、その後もずるずる下落していき含み損が広がってしまいました。そのため100株だけ売却し、1月に売却した西松屋の利益と損益通算して少し還付を受けました。また折を見て再購入しようと思います。
あと2月はヤマダ電機が優待改悪したため全て売却しております。購入後も狭いレンジでよこよこでしたが、最終的には微益撤退となったため優待・配当分も鑑みれば十分な利益を出してくれたと思います。

最近優待の改悪や廃止が多くて嫌ですね。
優待は株式投資におけるオアシス的な存在なので、是非続けて欲しい誇るべきガラパゴス文化だと思います(笑)


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2月の株成績(2021)

いや〜悪夢のような2月が終わりました。
しかし、2月は終わっても悪夢は終わっていません...

今月は始め1/3ほどは非常に好調で、1月末比で+7%ほど上昇してくれました。しかし、後の2/3の期間は本当にひどく目も当てられない状態でした。
この後半の2/3での下落幅はなんと、、、

-12.4%

勿論、今まで私の少ない投資家人生の中でも、18年のクリスマスショックや昨年のコロナショックやらで1ヶ月で2桁の暴落は経験しています。でもそれは市場が調整したが故に自分のPFも調整したという要因が強く、なかなか避けるのは難しいものであったと思っています。しかし今回は市場は好調。

日経平均:4.7%
TOPIX:3.1%
マザーズ:0.4%

大型景気敏感株が強い相場で、個人投資家界隈の情報を見ても日経の好調さほど個人は好調ではないなと感じていました。それでもマザーズはプラスです。
ここまで全体相場と裏腹にPFが暴落していったのは、恐らく個別株投資を開始して以来初めてのことではないでしょうか。正直凹みますし苦しいです。゚(゚´Д`゚)゚。

ではその苦しい成績をご覧ください。

2月株成績

2月末PFです。

2月末PF

vsTOPIXです。

2月vsTOPIX


2月:-6.1%
年初:-2.9%
累計:155.24%


ここまで酷い成績になった要因は『スタメン』の下落が大きいです。なんと1月が-21%で2月は-19.6%です。なぜ損切りしていないのかという問題に他なりません。個人的には決算は悪くないと思っていますが、本来であれば決算後の下落で-10%を超えた付近で損切りを実行すべきでした。損切りした上で、また上昇基調となれば再購入すれば良いのです。

何故にそうしなかったかと言うと、NISA口座での購入だったからです...

NISAは一度売却してしまうと同枠は復活しません。せっかくの非課税口座での購入を損切りで終わらすなんて、非課税の恩恵どころか課税口座での損益通算すらできません。それは辛すぎる...なんて考えていたら損失があっという間に膨らみました。
もはや売り時を完全に逃している『スタメン』、この後に及んでも損切りできずに持っています。

どーしよーかなー

因みに同時期に上場し、同時期に初の決算を出してこれまた下落した『ヤプリ』は売却済みです。
今月めっちゃ調子良かった『IBJ』は100株しか持っていません。
全てが裏目っている感じですね。3月はなんとかプラスにしたいです。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

目指せ1億PFの下落が止まらない...

本日は日経平均もマザーズも下落しました。

日経平均:-1.61%
マザーズ:-4.31%

しかしネットの世界を見ていると意外に上昇している方も多いようです。
大型株高配当株中心の義理母のPFもそれなりに上昇していたという話です。それに引き換え私というと...

目指せ1億PF:-5.33%

結構な下落幅です。2月中の高値から比較すると-11%ほど下落しており年初の成績も圧倒的にマイナスです。原因は直近IPOで手を出した『ヤプリ』『スタメン』が振るわないことです。
勿論最主力の『メンバーズ』停滞しているのも要因ですが、こちらはチャート的には悪くはありません。

そろそろ何かアクションを起こさねばと思い、ヤプリは先週売却しました。
悪い決算ではないですが、期待剥落&直近IPOからの資金離れで下落の一途でしたので微益撤退です。あと1日早く決断していればもう少しは利益残せましたが、決断力がありません。

この売却した資金で今の地合いに合った銘柄の購入を検討しようと思います。
『IBJ』の買い増しか、或いは喰わず嫌いせずに大型景気敏感株を勉強にためトライしてみるかですかね。

変革が迫られている気もします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー