FC2ブログ

出前館、きちりHDを優待PFに追加!!

まだまだ体調が整わず定期的な更新ができずに申し訳ありません。


そんな体調が今ひとつな中ですが、優待PFに新規銘柄を追加しました。
私が優待目的で買うには幾つか条件があります。以前も記事にしたことはありますが、ちょっと昔になるので、またおさらいしていこうと思います。

①自分で消費できる優待であること

折角優待を貰っても使わないようでは意味がありません。ちゃんと自分の生活に必要であることが第一の条件です。因みにクオカードといった金券の類は興味がありません。確かに税金引かれない分で配当より良いのかもしれませんが、企業の商品PRといった側面もないので改悪されやすいとも思っています。

②優待と配当を足した総合利回りが3.5%以上が望ましい

これは絶対的な基準ではありませんが、可能であれば3.5%は欲しいですよね。でも欲望に負けて利回りが低くとも買ってしまうことはあります。この辺は欲望との戦いですね。負けずに頑張りたいです。

③財務はちょっと気にするけど業績はあまり気にしていない

優待内容が企業の商品PR等も兼ねているのであれば、業績が多少悪くても改悪はしないと思います。寧ろ業績が悪くても長期保有の糧となるのが優待だとも思っています。財務は良好に越したことはありませんが、それでも自己資本比率や流動比率に一定の基準は設けていません。

以上が何となくですが購入の際に考えていることです。


そして今回購入した銘柄が以下です。


出前館(JQS)

皆さまご存知の会社ではないでしょうか。少し前までは夢の街創造委員会という会社でした。
業務内容は出前仲介サイト『出前館』の運営や配達代行業務等です。
優待内容は年2回、出前館で使用できるTポイント3000円分(×2回)です。2月22日の株価では優待利回り6.2%、配当は未定となっています。Uber Eats等の競合も出てきて業績的には今が踏ん張りどころの企業です。
私としてはこの優待があるだけで一回分の夕食の準備をしなくていいことが大きいです。これから第2子が生まれる中で、夕飯の準備というのは嫁にとっても私にとっても限りなく大変な家事です。ストレスがマックスでもう夕飯の準備なんて嫌だ!!!というときに活躍してくれると思っています。今は嫁名義での保有ですが、自分名義でも購入を検討中です。


きちりホールディングス(東1)

居酒屋『KICHIRI』や『いしがまやハンバーグ』を運営している会社です。外食はどこも厳しいですが、きちりはそんな中でも業績は順調で財務も良好です。
優待内容は年1回、運営する店舗で使用できる優待券3000円分です。2月22日の株価では優待利回り3.8%、配当利回り0.95%で総合利回り4.75%です。
我が家から車でそう遠くないショッピングモールにいしがまやハンバーグが入っています。ここのハンバーグは何と言っても美味しいのが魅力です。安い店ではありませんが、味を考えれば妥当な価格設定だと思います。熱々のハンバーグが出るこの店は子供連れ向きではないですが、たまには行きたいお店です。


西松屋チェーン(東1)

これは新規ではなく、買い増しした銘柄です。
ご存知、子供用品の最大手にして優待PFの困ったちゃんでもあります。成長期待はありませんが財務は鉄壁と言っていいでしょう。
優待内容は年2回、自社店舗で使用できる優待券1000円分(×2回)です。2月22日の株価では、優待利回り2.1%、配当利回り2.3%で総合利回り4.4%となっております。
先ほども記載しましたが、西松屋は優待PF作製した初期から保有している銘柄であり、ずーーっと含み損となっている銘柄でもあります。しかし株価の下落とともに利回りは良くなってきており、財務は良好で優待改悪は考えにくいです。第2子が生まれることにより西松屋にはまだまだお世話になります。子供が大きくなるまでの長期保有前提であれば買えるだろうという判断で自分銘柄で100株購入しました。


体調が悪いという割には長い文章をかけましたね。
回復してきいるのかな...

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2020年の抱負・目標

2020年、ついにオリンピックイヤーです。

巷ではオリンピック後は景気後退するとか、不動産価格は意外に落ちないなど様々な観測が飛び交っています。でも結局は過ぎて見ないと分かりませんので、変に予想に引っ張られずにどんな状況になっても柔軟に対応できるように頑張りたいと思います。

さて今年の目標です。

・国際分散積立投資

少なくとも60歳までは積み立てる予定です。余裕があるならもっと高齢まで積み立てることも考えています。
つまりゴールは25-35年先です。
耳タコですが、何が起きても粛々と積み立てるだけです。リセッションどんと来い!
積立額については、今年は嫁が産育休の1年となるので増額は困難、現在の月7.9万の維持が目標です。

・不動産投資

今年も1Rマンションの買い増しは考えていません。オリンンピック後の不動産価格も不透明ですしね。
引き続き繰上げ返済を頑張ります。今年は70万の繰上げ返済を目標とします!
これは世帯収入が下がる今年としては結構大きな目標です。

・目指せ1億PF

下記の表では2019年7月末が197万円となっています。
2019年末は218万円でした。そしてその後40万円の投資元本を追加して元本の合計は150万円になりました。
これら投資元本を含めて現在の含み損益ベースでの評価額は245万円です。
正直2020年になってからの、この1ヶ月は下落下落で我慢の日々で苦しい状態です。厳しい1年になりそうな予感がプンプンしますね...

よって2020年末の目標は260万円!

弱気な目標ですが、負けない1年にしたいです。
そして今年はこれ以上は投資元本は増やさない予定です。

1億PF


・優待PF

優待欲がどんどん膨らんで銘柄が増えてきました。
欲に負けずに利回り等をしっかり把握し銘柄選定を怠らないようにしたいです。
目標は、
累積配当額+累積優待額>含み損
としたいと思います。含み益状態がキープできれば1番ですし、もし含み損となってもそれを上回る配当・優待が貰えていれば良しとします。


これらを達成すべく今年も頑張っていきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

PR TIMESの3Q決算 計画通りだね。

先週末にPR TIMESの3Q決算発表がありました。

特段のサプライズはなく、まあ会社計画の通りに順調に進んでいるのではないかと思います。
それと比較し私の体調はなかなかに良くなりきらず、順調な回復とは程遠い感じです...

まあ取り敢えず3Q見てみましょう。

PR TIMES 3Q

28%の増収と28%の営業増益です。純利益は減損損失があるので大して伸びてないですが、総じて十分な数字でしょう。
あとは以前から会社側も説明している広告宣伝費ですね。

広告宣伝費

4Qが最も広告宣伝費を投入する予定となっております。
PR TIMESの今後の成長はこの宣伝費が身を結ぶかにかかっています。サブスクリプションなので新規利用企業の伸びがそのまま売上の増加に繋がります。その新規利用企業の獲得のために上手い広告宣伝費の使い方をして欲しいものです。

しかし、こう書いてても思うのはピックアップしどころの無い無難な決算だなってことです。
自社株買いの発表もありましたが、立会外なので、短期的な株価への影響はあまり期待できません。

さて、この決算を受けて今日の株価はどうなりますかね。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

国際分散積立投資の12月及び2019年の成績

気管支炎を発症し、まだまだ体調が整いません。

新年早々、米国とイランの揉め事でこれまた相場も整わない状況です。
しかし、2019年は積立投資にとっても良好な市場環境でした。特に出口戦略を向かえている人にとってはベストな状況といって良いでしょう。
私のような30代にとっては、口数を増やすには適した状態ではないので可もなく不可もなくといった感じですね。


成績です。

投信12月成績


iDeCo成績です。

iDeCo12月成績


元本:¥3,160,786
利益:¥1,000,440
損益率:31.7%


そして2019年の成績を修正ディーツ法で計算すると、

17.9%

となります。
2018年は-9.8%でしたので、だいぶ良い数字ですね。
因みに記録を取り始めた2017年は16.3%でしたので、3年平均でいうと8.1%と上々な成績であると言えます。
国際分散積立投資を始めたのは2011年ですが、その間もだいたい相場は順調でしたので、成績は記録できていないですが5%以上はいってるのではないでしょうか。

早くアセットアロケーションを計算してノーセルリバランスとして今年の積立割合を決めたいのですが、如何せん身体が付いてきません。本当に健康あっての資産運用ですね。

クドイようですがゴールはまだまだ先です。
今年も何があっても愚直に積立を続けます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : インデックス投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー