fc2ブログ

テンポイノベーション、パピレス、やまや、千趣会の決算

続々と決算発表が進んでおります。

・テンポイノベーション
1Q決算でしたが、9.5%の増収で27.9%の営業増益です。
しかし前期は単体決算で今期は連結決算、この2つを比較しているので単純に比較するものではないかもしれません。とはいえ、成長していることは他の数値(成約数、転貸借物件数)からも明らかですね。
転貸借物件数が1000件に達するのに143ヶ月を要したのに対し、2000件に達するのはそこから63ヶ月だったと決算説明資料にありました。これもある種のスケールメリットかもしれません。件数が増えれば増えるほど、実績や紹介などで更に件数が増えやすいというのがあるのでしょう。
さて、テンポイノベーションですが優待拡充を発表しております。これまでは年1回、300株保有でジェフグルメカード5,000円分でしたが、今後は新規に500株以上だと7,000円分の枠ができました。300株での優待利回りが1.8%で500株だと1.5%です。
正直、ちょっと買い増したい気持ちがあります。利回りとしてはイマイチですが、グルメカード好きですし、企業としての成長余地もまだまだある気がしています。まあ検討しましょう。


・パピレス
1Q決算でしたが、12.2%の減収で74.1%の営業減益でした。
通期予想に対する進捗率は売上高で22.2%で営業利益で6.8%です。業績低迷の理由はもう何度も書いていますが、海賊版の影響、仕入れ原価の上昇、競合の激化などと説明されております。まんが王国を運営するビーグリーも保有していますが、あちらは順調そのものです。海賊版や仕入れ原価上昇はどこも一緒なので、あまり言い訳にならず、単に競合他社より魅力がない商品を提供しているの一言に尽きるのではと思ってしまいます。
因みに一部サイトで経常利益の上期進捗率が193%と超過したと書いてありますが、単なる為替差益ですから...


・やまや
1Q決算でしたが、3.9%増収の87.7%営業増益です。
通期予想に対する進捗率は売上高で23.5%で営業利益で9.7%です。酒販事業が巣ごもり需要の後退により減収減益となり、外食事業はマンボウ解除などの影響で増収赤字縮小となっているようです。両事業あわせて考えると、順調にコロナ禍のダメージからは回復してきていますので心配していません。
営業外収益の『新型感染症拡大防止協力金』ですが、前1Qは25億7300万円で今回1Qは2100万円です!これで経常利益と純利益が減益って言われてもね...


・千趣会
2Q決算でしたが、会計基準が変わったので詳細な数値は割愛しますが、大きく減収減益でした。
千趣会は年初のシステムトラブルの影響で1Qから大きく減収減益となっております。問題はそのトラブルからしっかりと回復傾向にあるのかで、売上高は1Q120億900万で2Qは163億8000万、営業損失は1Q27億2700万で2Qは11億1400万です。これを見る限りは回復してきてはいそうですし、下方修正した通期計画にも無理はないように感じます。
会社は2023年は黒字化すると意気込んでいるので期待しましょう。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

目指せ1億PFの運用状況(2022)

私が無謀にも1億を掲げて運用しているPFの決算は7月にしています。

これは私の誕生月が7月で、55歳セミリタイアを目指すために計算上、丁度良いのがこの月だからです。
これとは別に毎年の成績を12月締めで出しており、パーセンテージは12月で7月末は運用資産額で現状を確認している次第です。

では見てみましょう。

2022年運用額


元本:¥2,630,000
利益(含み益あり):¥1,857,818
元利合計:¥4,487,818
損益率:70.6%


こうやって見ると一見順調そうですが、この一年の成績は散々です...
昨年の運用額を約15万下回っており、しかも今年は40万元本を増やしているので、それを考慮すると約55万円も運用資産を減らしています。
このままでは1億なんて夢のまた夢といった感じですが、諦めるわけにもいきません。投資元本を増やせることは決して悪いことではありません。元本増やすための入金力を高めつつ(仕事頑張るか...)、運用成績を改善させるよう勉強していくしかないですね。

毎年言っていますが、最終的な投資元本は1000万程度を考えています。それでも1億には10倍しないとですね...

がんばろー!!!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

エクセディ、KDDI、オリックスの決算

さて、決算シーズンです。優待PFの決算はいつも通り軽く見ていきましょう。

・エクセディ
1Q決算でしたが、3.8%増収の75%営業減益です。おまけに下方修正まで発表され残念決算でした。
増収も為替の影響でなんとかプラスになっただけのようで、やはり上海ロックダウンの影響や原材料価格の上昇が大きいようです。そもそもここまで為替が不安定では、海外比率の大きい会社は予想を出すことなんて困難な気がしますよね。
まあ優待が維持されているだけで良しとするしかないでしょう。


・KDDI
1Q決算でしたが、4%の増収で0.8%の営業減益です。
KDDIはもはや通信障害による200円の補填の話題で持ちきりですが、身銭を切っているだけマシな気がします。個人契約の点で言うと、通信障害のせいでビジネスの機会損失がなんて文句言っている人もNETで見かけましたが、単なる責任転嫁でしょう。
対法人での通信障害の影響はまだどうでるか分からない感じのようです。通信障害のリスク回避としてマルチブランドを保有しようという方向でパイが増えれば良いですが、その中でKDDIが弾かれるリスクもあるわけですね。まあこの辺は2Q以降を見てみないと何とも言えないでしょう。
しかし、KDDIの説明会動画を見ましたが、質問する方も答える方も歯切れが悪く聞きにくいです。いかにも古くからある日本企業といった感じで、もう少し覇気を持ってほしいですね。。。


・オリックス
1Q決算でしたが、8%増収の18.3%の営業減益です。
決算説明資料を見ると、10あるセグメント全てが黒字でしたが、前期比では5つの事業が減益となっています。しかし、売却益を除いたベース利益はしっかりと伸びております。前期の売却益は大きな出口案件があったりで高く出てしまったため、その反動がきての減益のようにも見えます。よって現段階ではそこまで気にしなくて良いのだと思いますが、如何せん通期予想が非開示なのが様々な憶測・妄想を呼んでしまいそうですね。
この決算を受けてオリックスの株価は低下しています。優待も残り2年ですので売り時を探っています。このまま株価下落が続くようであれば売却を検討しようと思います。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

準主力株『ANAホールディングス』の決算

三菱UFJ以来の大型株購入となっているANAの決算発表が先週ありました。

ANA23年1Q実績

ANA23年予想

23年1Qの決算でしたが、76.2%増収の13億2100万の営業損失(前1Qより632億の赤字縮小)です。また、通期への進捗率は売上高で21.1%で営業利益は赤字なので0%ですかね。

業績という面で見れば回復著しいですし、苦しい中でも着実に数字を伸ばしていることが分かります。

ANAセグメント別売上高

ご覧なっての通り、国内国際ともに旅客売上が上昇しています。特に国際線は今四半期から顕著に回復していますね。
しかし、これを見るといっときは貨物需要さえもこんなに低迷していたんですね...物流が滞っては経済は回らないですよね。

ANAフリーキャッシュフロー

さて、売上が回復しても黒字浮上はなかなか容易ではないなと感じてしまいますが、良い兆しとしてはフリーキャッシュフローがプラスになっていることです。
会計上の営業利益はマイナスですが、お金の流れで言えば稼げる企業に戻っているということですね!
この数字には雇用調整助成金や為替差益が含まれておりませんので、ちゃんとサービスを提供して稼いだ資金ということになります。

しかし、この程度の回復は市場は折り込んでいそうですし、どちらかと言うと通期予想を達成出来るか否かの方が焦点になってきそうです。

ANAコロナ前比

会社の今期予想では旅客需要の23年3月末での回復を次のように設定しています。

国際線:コロナ以前の5割
国内線:コロナ以前の9割

現状の回復率が上図になりますので、これをどう考えるかによって、今期の業績予想達成を信じるかどうかが変わってきそうです。個人的には現在のコロナ蔓延の影響や、また秋に落ちついても冬から春先に第○波なんてことになる気もしますので、あまり楽観視できないし最悪下方修正も有りかもとも思っています。勿論、もっと長期的な回復を見込んで長く保有する予定の方は、今期の話をそこまで気にしなくて良いかもしれません。

しかし、私は三菱UFJもそうでしたがここまでの大型株をキャピタル目的で年単位で長期に保有するつもりはありません。三菱UFJなら金利上昇の恩恵、ANAであればポストコロナの恩恵とワントピックでそこそこ稼げたらいいなという視点です。まあ、結局三菱UFJの金利上昇の恩恵は早売りしすぎて取り損ねましたが...

このままグロース回復の流れになるなら売却も検討しようと思います。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー